あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

ごちそうさん ネタバレあらすじ 第9週・54話

NHK朝ドラ「ごちそうさん」ネタバレあらすじ 第9週(54話)
2013年11月30日放送分
ごちそうさん第8週のあらすじはここ⇒43話~48話

ごちそうさん 9週 あらすじ 54話『君をあいス』

「・・・ブランデーですか?」
ごちそうさん 54話 ブランデーですか
悠太郎は何を話せばいいかわからない。
調理場にもどるめ以子。

「コーヒーのシロップなんですね」
「・・・・」
「焼氷の話しにきたの!?」
ごちそうさん 杏 焼氷の話しにきたの?
め以子が怒鳴る。

「大声でできる話やないんで・・」
調理場から戻っため以子は悠太郎の
前の席にえにどんと座った。
東出昌大の前に座る杏

「僕が父を許せなかったのは・・」
「僕も逃げ出したかったからです」
54話 悠太郎 逃げ出したかったから
突然悠太郎が口を開き、驚くめ以子。

家族の為に良かれと思ってやったことが
やることなす事、全て裏目に出てしまう。
そんな父には同情していました。

「僕は支えようと思いました。しかし姉さん達が
やりあっているうち父さんは突然いなくなった、
突然いなくなった
僕に一言もなく・・・」

「くびでも吊ってしまうのでは?そう思い
とにかく行方をみんなで探しました」
「けど見つかった父は女のところでした」
ごちそうさん54話 近藤正臣

「その時からあの人は死んだ・・そう思うことに
そして僕がこの家を守るそう宣言したのです」
父がいなくなった後、姉さんたちは
その矛先をお互いに向けました。

その為私は、うかつなことが言えなくなった。
姉さんの料理を褒めれば、お静さんの
料理をけなす事になる・・逆もしかり。
私が最後にとった行動は

「何も表情に出さずに食べることでした」
「そしてなにか言う前には、必ず口に手をアテて
考える癖がついてしまったのです」

そんな過去があのポーズにあったなんて・・
め以子は、はじめて悠太郎の苦悩を知る。
そういえば、め以子の実家でも悠太郎さんは
当初、無表情で食べてのを思い出した。

そうだったのか・・
「好き嫌いに流されず、できるだけ無表情に
やり過ごす事を覚えたのです」
かつて、悠太郎がめ以子に言った

「あなたの好き嫌いがないと、
僕の”好き嫌いがない”は
意味が違うと思います」

その言葉が脳裏に蘇った。
その意味がわかり、め以子は胸が
張り裂けそうに悲しくなる。

「その後僕は、家庭への幻想はすてて
父への憎しみと安全なまちを作る
という目標を糧に生きてきた」

「しかし、あなたやあなたの家族にあって
僕は変わってしまった」

「こんな家、家族、食卓が欲しいと
思うようになっっていった。それも
また父を見返す方法だと思ったのです」

「相手の幸せを考えるのが愛情なら・・
僕はあなたを手放すべきだと思います」

「僕はそれはやなんです!
だってあなたは僕が手に入れた・・」
「たった一つの宝ですから・・」
悠太郎 たった一つの宝

悠太郎は、耳をまっかにして続けた。
「だから戻ってこないと他の人に取られやしないか
と心配で、いつもヒヤヒヤしています。」

「ぬか壺を見れば、あなたにぬか壺すら
置いてやれなかった自分が情けなくて・・」

「ホントにくだらん人間やとおもいます」
「でも僕を見捨てないで下さい」
54話 悠太郎 僕を見捨てないで下さい
頭を下げるる悠太郎に、震える声でめ以子は言った。

「ゆ・・悠太郎さんってバカだったのね」
54話め以子 悠太郎さんってバカ
「私もバカで、・・ごめんね」

め以子は涙をこらえようとするが、
不器用な悠太郎を見ているだけで
涙がぽろぽろあふれ出してくるのだった。

その後、め以子は悠太郎と家に戻った。
和枝が許してくれるのか?と心配になったが
「よう帰ってきてくれはったな~」
お静 よう帰ってきはった

と意外なほどあっさり許してくれるお静。
和枝は微妙な反応だった・・
ごちそうさん 家の中をコッソリ覗く
54話 和枝 微妙な反応

「二人だけ残ったら・・疲れきったんやと思います」
と悠太郎が笑いながらめ以子に言った。

食卓には悠太郎のリクエストで
源太のところの最高の肉を使った
ビフテキが並んだ。
ごちそうさん 54 ビフテキ
師匠のけんはしばらく様子を見るということで
まとまったが、和枝は相変わらず。

め以子が肉を出せば
「帰ってくると聞かされんと、いきなり
にくだされてもなぁ・・」と小言。
和枝 いけず 54話

希子が歌を歌ったといえば
「芸人でもないのにはしたない!」
とやはり小言を言う。

しかしそれも、日常何だと
何だか懐かしく思えるめ以子だった。

ごちそうさん第9週(55話)あらすじはここ⇒『つづきを見る』
ごちそうさん第9週(53話)あらすじはここ一話もどる

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top