あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

ごちそうさん あらすじ ネタバレ 7週・37話

NHK朝ドラ「ごちそうさん」ネタバレあらすじ 第7週(37話)
2013年11月11日放送分
ごちそうさん第6週のあらすじはここ⇒36話までのあらすじ

ごちそうさん 7週 あらすじ 37話『たいした始末』

め以子は、和枝に認めてもらうため
上方料理の習得に日夜明け暮れる。

西門家は夜しかご飯をたかないというが、
め以子は薪代を自分で払う代わりに
三食温かいご飯を炊くことにする。

「ようやるなぁ、あんた。三度三度
おぬく炊いて、朝晩違うおかず作って・・」

静は、感心を通り越して半ばあきれている。
「料理は面倒じゃないんですがコレが・・」

め以子が薪割りを始めると、脇で静は続ける・・
静「こんなんガス入れたらええや~ん。
和枝ええや~ん

悠太郎さんもうすぐ給料日やろ?
はっ!そうだった!!

和枝に気を取られていたがよ~く考えれば
稼いいでいるのは悠太郎さんや~ん。
「そうですよね!」

とめ以子は自分を納得させるが。
その頃悠太郎は・・

勝手の分からない木造の小学校設計に悪戦苦闘。
大村にダメ出しを食らっていた。

藤「西門くんお姉さんきてはるで~」

上司の藤井が悠太郎に声をかけた。
振り向けば和枝が・・満面の笑みでそこに。

「なにしに来たんですか?」

「ご挨拶に決まってるやん。
半人前の
お前がお世話に
なってるんやさかい」

その後、菓子折りを置くと悠太郎には
お構いなし。藤井を誘って外に出る
和枝はなにか企んでいる様子だ。
34

一方のめ以子は、源太が務める市場の
肉屋”牛楽商店”にいた。

”ぬか床を見るついで”とは名ばかり。
もはや第二の家、家より居心地がいいんです。

牛楽商店でガスのことを根掘り葉掘り聞くと、
め以子は店をあとにする。
6.1

するとそれを見た魚喜の銀次。
そ~っとめ以子に寄ってくる

「どや?江戸っ子の血が騒ぐやろ?」

18

初鰹をめ以子に見せる。コレを見ため以子は、
よだれが・・う鰹に釘付け。(さすがなにわ商人銀次め~)

た、た、食べたい!と言うより食べさせたい!!
め以子はあっさり陥落自腹で購入する。
こんばんのご飯は、あっさり初鰹づくしになった(笑)

初鰹

せっかく買った初鰹だったが和枝には
「翌日には安くなるのになぁ・・こんなもんアホが買うもんや」
とやはり不評。

21

オイシイといったのは悠太郎だけだった。

「せっかく大枚はたいて買ったのに・・」
「えっ・・まさかあなたが出したんですかー?」

「うっ。し、しまった」
時既に遅し。悠太郎にバレてしまった。
「だってね、お姉さんに言ったら、また何か言われるし・・」

「大丈夫、明日は悠太郎さん給料日ですしぃ
で、一つお願いがあるんです」

28

翌日の朝から浮かれっぱなしのめ以子。
悠太郎との交渉はうまくいったようだ。

「いってらっしゃ~い」

笑顔で悠太郎を送り出す。
め以子の頭は「ガスコンロ♪ガスコンロ♪」
そんな幽かな喜びも長くは続かなかった。

早速市場へいき、ウキウキでガスコンロを物色する。め以子・・

ガスコンロ
家に戻ると・・和枝に呼び出される。

「これからひと月これで、お台所やってくれはりまっか?」
和枝がめ以子に封筒を手渡す。

その中身はたったの・・・20円!!

「で、できるわけないじゃないですかぁ!」
「こんなのお米買ったら終わりじゃないですか・・・」

め以子20円

め以子は激怒するが和枝はそれをさらりとかわす。
「お米あったら死にませんや~ん?」

「銭をかければだれでもオイシイんは作れます。
銭をかけずにおいしいゴハン、たべとおすな~」
和枝の屁理屈にあっさりあしらわれるめ以子。

そこへ悠太郎が帰ってくる。
コレは一体どういうことですか!!

42

44

ごちそうさん第7週(38話)あらすじはここ⇒『たいした始末』つづきを見る
ごちそうさん第6週(前半)あらすじはここ⇒『こんぶねーしょん』前編に戻る

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top