あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

ごちそうさん あらすじ ネタバレ 6週・前編(31,32,33話)

NHK朝ドラ「ごちそうさん」ネタバレあらすじ 第6週(31,32,33話)
2013年11月4日~11月6日放送分

ごちそうさん第5週(前週)あらすじはここ ⇒『フォンとうの気持ち』前編

ごちそうさん 6週 あらすじ『こんぶねーしょん』前編

1923年、め以子と大阪に向かう
列車の中で、悠太郎は実家の話を始める。
よほど不安のようだ・・

悠太郎の家は複雑。一番上の姉さんは出戻りで、
お義母さんは後妻。末の妹は引っ込み思案。
更には義姉とお義母さんは仲が悪いと・・

一度聞いただけでは全くわからない。
しかしめ以子はあっけらかん。
「何度も聞いたって、よくある話よね」と
真剣に聞いていない。

その日の夜遅く大阪の実家にやっとついた
悠太とめ以子。

とても立派な屋敷にめ以子は驚く。
しかも義姉の和枝の対応は以外にも
丁寧で優しかった。

構えていため以子は拍子抜けしてしまった。
義母の静はも感じ良く、義妹の希子は
聞いていたとおり内気だった。

やがて実家の話になっため以子は
「うちの父の料理は世界一です!」
といってしまう。

すると和枝がめ以子に明日から台所は
任せると言い出す。この言葉にめ以子は
喜ぶが、和枝のこのわざとらしい態度に
悠太郎は不安を隠せないでいた。

翌朝早速事件は起こった。
ご飯を炊こうとめ以子は台所に・・
そこにあるのは薪をくべるかまど。

当然使ったことがないめ以子は、
ご飯をうまく炊けずに謝るハメになる。

とりあえず席についてご飯を食べようと
するめ以子に、和枝が言った。

「何であんさん一緒に食べはんの?女中やろ」
と・・理由がわからないめ以子。

西門家では、一年間籍を入れないという
しきたりがあるのだ。その為め以子が籍を
入れるまでは女中代わり。

しかも今までいた女中はめ以子が来たので、
里に返したという。

食事は不評で台所で立ち尽くすめ以子に、
静がよってくる。悠太郎の縁談を仕切り
たかった和枝がめ以子を目の敵にして
いるのだという。

やがて、関西と関東の調味料の違いに
気づいため以子。まずは食材を知らねば
と、早速市場に出かける。

め以子は得意の洋食で勝負に出る。
その日の夕食はメンチボールとキャベツ
のサラダ。静には好評のようだったが
突然和枝がすごい剣幕で怒り出し
更には御膳をひっくり返す。

縁もゆかりもない料理作らはって・・
「今度は腕自慢でっか?」

どうやら、め以子の前向きな態度に腹が立っているようだ。

しかしめ以子も下がらない。

「コレはないんじゃないですか?」
「ほな、あんさん食べはったら?」

嫁いびりが始まった。キレかかるめ以子だったが、
グッと堪え床に落ちた料理をすべて食べてみせる。

一方悠太郎は、大阪市役所の建築課に働くことに
なったが、やったことのない木造建築の物件を
任されて困惑するのだった。

ごちそうさん第6週(後半)あらすじはここ⇒『こんぶねーしょん』後編

 

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top