あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

ごちそうさん あらすじ ネタバレ 6週・後編(34,35,36話)

NHK朝ドラ「ごちそうさん」ネタバレあらすじ 第6週(34,35,36話)
2013年11月7日~11月9日放送分
ごちそうさん第6週(前編)あらすじはここ ⇒『こんぶねーしょん』前編

ごちそうさん 6週 あらすじ『こんぶねーしょん』後編

上司の藤井耕作紹介された大村は、
小柄なドラフトマン。学校の図面引かせ
たら右に出るものはいないという。

大村としばらくパートナーを組むことに
なった悠太郎。木造校舎の図面を引く
よう命じられるが、コンクリートしか知らない
悠太郎は戸惑いを隠せない。
大村

大村は職人気質、機能を求める悠太郎と
何度と無くぶつかってしまうのだった。

その夜、め以子は今日あった出来事を
悠太郎に話す。和枝が簡単に入籍を
させないと踏んだ悠太郎は、翌日籍を入れる。

次の日め以子は和枝に西門家の味を自分にも
教えてくださいと頭を下げる。

そんなめ以子に和枝は、まずは家から持ってきた
食材を全て処分しろという。

しかしめ以子はそれを簡単に受け入れる
ことは出来なかった。更に和枝は、め以子が
大事に育てたぬか床を殆どすててしまう。
キレる

ついに切れるめ以子。

「こんな家でてってやる!」
と、たんかを切り西門家をでる。

しかし結局行くとこのないめ以子は
戻ってくることに・・

戻ってみると家にはもう自分の荷物がない。
和枝はもう実家に送り返したというのだ。
慌てため以子。

自力で運送屋から荷物を取り戻そうとする。
大八車に荷物をのせ運ぶ帰り道言うたろうと遭遇。

堰を切ったように泣き出すめ以子。
見るに見かねた悠太郎は、め以子に
夜泣きうどんを食べさせる。

め以子うどん

ココで関西は薄めの「昆布だしが基本」だと
はじめて気づいため以子は、店主に
こんぶだしの取り方を伝授してもらう。

どうしても西門家の出汁を身につけたい
め以子は、またも市場に出かける。

そこで、幼なじみの源太とばったり遭遇することに。
源太と出会う

源太は母親の実家に引っ越していた源太は
市場の精肉店で働いていたのだった。

源太の助けで、め以子の出汁はぐんぐん
上達するが、中々和枝の出汁には勝てない。

どうしても和枝を納得させたいめ以子は、
お静と希子を巻き込んで、研究を続ける。
研究2

ある時、酔った悠太郎が出した一杯の昆布酒。
これがヒントになってようやくひとつの答えに
たどり着いため以子。
昆布酒2

その出汁で作ったお吸い物を試食した
お静と希子に悠太郎の三人は絶句・・
勿論、和枝も声が出ない。
和枝驚く

「西門の味やな」
西門の味や

と一同が驚く。め以子はにっこり。

そして引っ込み思案だったあの希子も
「ちい姉ちゃん・・ごちそうさんでした」
希子ちいねえちゃん
と微笑むのだった。

ごちそうさん第6週(前半)あらすじはここ⇒『こんぶねーしょん』前編
ごちそうさん第7週(次週)あらすじはここ⇒『たいした始末』37話

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top