あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

ごちそうさん ネタバレあらすじ 13週74話【前偏】

NHK朝ドラ「ごちそうさん」ネタバレあらすじ 第13週74話【前偏】
2013年12月24日放送分

ごちそうさん 13週 あらすじ74話『ふぐが来た!』

翌日西門家のおせち料理を正蔵に教わって
め以子帰ってくるとめ以子宛の荷物が届いていた。

お祝いときれいな文字で書かれた熨斗が付いている。
誰からかな?と宛名を見てビックリ
和枝からだった。もうおせち料理どころではない。

「もうじき必要になるかと思い用意いたしました」。
「お使い頂ければ幸いです・・和枝」
と、中には丁寧な手紙付きで
手縫いのきれいなおむつが入っていた。

「何や人が変わったみたいで怖いな・・」
不審に思うお静。
「お義姉さんがコレを私に?」
感動で言葉が出ないめ以子。

すると希子があることに気がつく。
「あの・・これ糸の先が玉止めされてない・・」
「え、ええええーー」
やっぱり和枝のいけずは筋金入りだった。
納得するお静だったが、め以子は
このおむつを少し手直しして使うことにした。

め以子は馬介でこの話をすると
さすが和枝だと桜子も大笑い。
「笑い事じゃないのよぉ」

その足で、牛楽商店を訪れため以子は
「そういえば源ちゃんってお正月ってどうしてんの?」
「お父ちゃんとお母ちゃんがこっちくるからさ
暇だったら一緒に・・」

と言いかけたところに染丸が割って入ってくる。
「源ちゃんは、ウチと御伊勢さんに行くんですぅ~」
「ま、まだ決まってへんやん!!」

寂しかったらと思っため以子の気遣いだったが
余計なお世話だったようだ。もめる2人を後に
め以子は家に戻った。

実は馬介の話が気になっていた。
「おせちは願いを込めた料理」というのを馬介に
聞いていため以子は、西門のおせちではなく
自分オリジナルの願いを込めたおせち料理に
挑戦することを決意する。

その日から山のような身重な体も忘れて
大量の買い物とアイデアをづくりに追われるめ以子。

一方悠太郎も慌ただしい師走を迎えていた。
納期は迫るが一向に図面が上がらない。
焦るばかりの悠太郎だった。

「料理ってエエですよね」
「料理は人を傷つけへんやないですか・・」
夕食中に、ボソリと呟く悠太郎に
め以子鼻にも言えない。
もうすうす感づいてはいたが悠太郎さん疲れてる・・
しかし、元気づけるすべを未だ思いつけづに
大晦日を明日に迎えていた。

め以子は最後の一品がどうしても
決まらず悩んでいた。
考えこむめ以子のもとに、希子がやってくる。

「今日ですよね?いらっしゃるの・・」
「ああああーーーっ!忘れてた!」
慌てて飛び出すめ以子は馬介に向かった。

「桜子!あ、あの、お父さんの・・」
「あ~。黙っとけって話でしょ?
悠太郎さんがこの間しに来てたわよ」

「何だ~言ってよ、悠太郎さ~ん」
どっと力が抜け座り込むめ以子だった。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top