あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

ごちそうさん ネタバレあらすじ 12週 67話【後半】

NHK朝ドラ「ごちそうさん」ネタバレあらすじ 第12週 67話【後編】
2013年12月16日放送分

ごちそうさん 12週 あらすじ67話『ごちそうさんまでの日々』

玄関から物音がする。
「悠太郎さん!」
「水いっぱいください!」
玄関から悠太郎の声がする。台所に来るなり
「救援隊として東京へ行けることになりました!」
「竹元教授の口添えでなんとか・・」
悠太郎 水いっぱい下さい
悠太郎 僕も気になってましたから
市役所の緊急対策本部に駆け込んだ悠太郎は、
何とか東京の救援隊に参加できるように交渉していた。
しかし、同じように東京に身内のいるもの志願がおしよせ
悠太郎も一度は断られる。

しかし、そこを通りかかった竹元が
「東京の地理にも詳しく、木造、コンクリート造にも詳しい・・
若者の力が必ず必用になってくると思います」
t竹元教授の口添えで
と悠太郎を推薦してくれたのだった。

「まあ、状態を見ながらなんで確認出来る保証もないんですけど」
「合間に、何とかご両親の安否だけでもと思ってます」
「とりあえず今は、救援物資集めてる最中なんで」
と再び出かける悠太郎にめ以子は
「あ、ありがとうございます」
ごちそうさん67話「悠太郎さんありがとう」
泣きながらお礼をいうめ以子。

「僕も気になるから行くんです!」
悠太郎 僕も気になってましたから
笑ってくれる悠太郎がいつもよりこころ強い。
9月3日。救援物資を載せた船が
大阪から東京に出る日、め以子は
差し入れの、大きな竹皮包を持ってくる。
め以子 これ船の中で皆さんで
「これ市役所のみなさんで船の中で食べて」
「今日は何ですか?」
悠太郎 今日は何ですか?
「ふふ・・何でしょう?」
にっこり微笑むめ以子。久しぶりの
め以子 なんでしょう?
おむすびに悠太郎も嬉しそう。
「いってらっしゃい!気をつけて」67話 め以子 いってらっしゃい

心配そうに見送るめ以子。
「大丈夫よ。きっと大丈夫。」
不安な気持ちを打ち消すように呟くめ以子だった。

67話感想

的か味方か・・竹元の存在はいつも微妙ですね・・
徹底的な合理主義。結果のためなら手段を選ばない。
そんな部分でいつも悠太郎とぶつかってます。
悠太郎も尊敬しているのですが・・

ここでも、悠太郎を助けてくれた格好になってますが
結果的にたまたまにも見えます。馬介の一件も
結果、自分が焼氷を食べたかっただけ。

ともあれ竹元のお陰で東京に行けることになった悠太郎だが
め以子の心情も複雑だよね。そんな大きな震災で現地に
夫を行かせるのも怖い。でも両親も気になる。

ましてや今みたいに携帯やスマホなんか無い時代。
交通だって何にもない電車くらいで、それも遮断されてる。
関東大震災の頃って、被災状況がのわかるまでにどれくらい
時間がかかったんだろうってふと思った。

そりゃ心配になるわ・・さらには悠太郎の留守中の
西門家、め以子のにさらなる試練が・・

明日からは問題児、谷川ふみが登場する炊き出しシーンか?
さんま週の重要なカギを握る人ですからね~。
ラストのさんまを食べるシーンをどう再現してくれるか?

源太(和田正人)と谷川ふみ(星野真里)の名演が今から楽しみ
今週もあらすじ通りなら、泣けるいい話になるねきっと。
め以子はどんどん人の痛みをわかって成長していきますね~
本当の想いやりが何なのか?ごちそうさんをみてると
いつも考えさせられます・・

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top