あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

ごちそうさん ネタバレあらすじ 11週・63話【前半】

NHK朝ドラ「ごちそうさん」ネタバレあらすじ 第11週(63話)
2013年12月11日放送分
ごちそうさん第10週のあらすじはここ⇒55話~60話

ごちそうさん 11週 あらすじ63話『大嫌いっていわしたい』

和枝はめ以子に夏の涼の取り方を教えていた。
風鈴、よしず、匂い袋などなど・・
め以子には、為になることばかりで新鮮に映る。

擦り切れたお守り
「お義姉さんの匂い袋、擦り切れてましたけど・・」

「あれは擦り切れててええねん・・」
マメな和枝の意外な返事に驚く。

その日の午後・・
め以子は正蔵の長屋に和枝の結婚を報告に行く。

「人生何が起こるかわからんねぇ・・」

「お義姉さんってほんっと、良く気が回るっていうか・・
そうでなきゃあんな的を射たいけずができるわけ無いですもん」

「いあれは小さい頃から几帳面で気の利く子でなぁ」

「あの一つ聞きたいんですけど・・」
「お義姉さんの持ってる、匂い袋の巾着って知ってます?」

亡くなった子供の着物
「・・・あれはな、和枝の亡くなった子の着物のでつくってあるんや」

となんとも切ない話を聴いてしまう。

その頃、和枝は安西と歩いていた。
「お子さん、おいくつやったんですか?」

「6つです。地に落ちて亡くなったんです」
「それを理由に嫁ぎ先を負われ、それからも苦労続きで・・
でも何とか踏ん張ってこられたのはこの子のお陰です」

擦り切れそうな巾着袋を取り出し足を止める。

「気持ちがくじけそうになるたび、この子を握りしめました」
「こんだけ不幸なんやから、きっと幸せになれる!
って気張ってきましたんや・・」

「もう擦り切れていますね・・」
「もうそいう生き方やめろ、言われてるんやと思います」

「同じ生地で新しいの作ろうと思います」
「息子さんきっと喜ぶと思いますよ」

にっこり安西に言われ、和枝も心からそう思っていた。
土産を買って、安西と別れ家に戻ってくる和枝。

何か様子がおかしい・・
「どうかしたん?」

「さっき悠太郎さんが、家に帰ってきたんです。仕事中なのに・・」
「何か真っ青な顔して、二階に上がったと思ったら
急にまた出てっちゃって・・何が何やら」

優太郎が血相変えて戻ってくる。例の株券を出すと
「姉さんこの会社はありません!」
「陶器もされてませんし、この世にない会社の株券です。」

「・・・」
「詐欺やったんです!!警察行きましょう」
「あの人も同じの買うてはったし、騙されたんじゃ?」
「それも警察で確かめましょう」

和枝の腕をとる悠太郎。
「明後日、またあの人と約束してるから」
「話聞いてから出ええやないの!」
しかし悠太郎は聞かない。和枝を引っ張ってゆく。

め以子たちも呆然とする。
そして約束の日。

安西は、待てど暮らせどやってこない・・
後にこの事件が世間に公表される。

和枝の他にも延べ50人の被害者を出した
組織ぐるみの大型詐欺事件となり、被害総額
100万円の大事件になっっていった。

あらすじ 第11週 63話【後半】 ⇒『つづきを見る』
あらすじ 第11週 62話 【前半 一話もどる

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top