あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレ あらすじ22週 「ももが東京へ」

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第22週 2014年8月25日(月)~放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ22週 【127話,128話,129話,130話,131話,132話】

蓮子は、醍醐が出版した半生記の影響もあり、その半生は映画として公開され、世に広まりました。

また、これまでの経験を活かして女性を勇気づける記事を多く発表していたことから、世間の女性のあこがれとも言える存在になっていました。

そんな蓮子のもとに、意外な人物が助けを求めて転がり込んできました。それは、北海道に嫁いだ花子のもう一人の妹”もも”でした。

ももは、夫に先立たれて以降、馬小屋での寝起きを強いられ、奴隷のような辛い仕打ちを受けていたのです。

2014-06-08_204028

そんな生活に耐えかね、北海道を逃げ出したももは、

「東京には、女性を助けてくれる人がいるらしい。こん人なら、おらを助けてくれるに違えねえ」

そう思って、世間で時の人となっていた蓮子のもとを尋ねたのでした。話をするうちに蓮子はももがはなの妹と知ることになる。

蓮子は慌てて花子に知らせました。

「はなちゃん、実は・・」

「もも!ずっと手紙の返事もねえから、心配してただよ!」

2014-07-08_091847
花子は、あわてて甲府の両親にも知らせます。

数日後、吉平とふじも東京に駆けつけました。

 

「ももどうしたでぇ・・心配ぇしただよ」

「もも・・おとうが進めた縁談のせいで、つらい思いをさせたな」

吉平は、自分が奨めた縁談のせいでまさか娘がこんなことになってたとは。夢にまで思わなかった吉平は、自分を責めます。

花子は、実の家族である自分ではなく、最初に頼ったのが蓮子ということにショックを受けてしまいました。

2014-06-26_053747

久しぶりに家族が勢揃いしたにも関わらず、ももの表情は冴えません。

しばらく村岡家で過ごすももはこうつぶやく。

「おねえやんは立派な暮らしをしていて、おら何か、一層惨めな気持ちになるだよ・・」

そう言って、かよのもとに身を寄せることになりました。そしてかよの店で、ももは運命的な出会いをします。

2014-06-29_070019

それは、かよの店の常連客の売れない画家でした。益田旭は、ももの似顔絵を描きます。

少し緊張気味のももを、描く益田旭。その表情は真剣そのものだったのだが・・

「よし出来た!!」

「ホントけ!オラにも見せてくりょう」

「てっ!!何でぇこれ・・コレがオラの顔け?全然にてねえ・・」

その絵はあまりに前衛的すぎて、ももには似ても似つかない。芸術など知らないももには全くわからなかった。

ただ、その絵を大まじめに書いていた事を思い出し、妙に滑稽でついに吹き出してしまった。

拍子抜けしたももは、久しぶりにケラケラ笑い始めた。その日初めてももは、東京であのくったくのない笑顔を取り戻すのだった。

■花子とアン 22週 出演 キャスト

吉高由里子,鈴木亮平,黒木華,中島歩,仲間由紀恵,土屋太鳳ほか

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top