あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレ あらすじ19週 113話「新たな出資者」

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第19週113話 2014年8月8日(金)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ19週 113話「新たな出資者」

醍醐の発案で募った寄付で、順調に再建資金を集めていた村岡印刷。花子たちの夢と苦労を知った伝助は、花子と自分の過去をダブらせる。そしてその後、村岡印刷に巨額の投資を申し出た伝助。

「はなちゃん・・・俺にも手伝わせてくれんね?」

「てっ!!嘉納さん・・本当にありがとうございます。なんとお礼を言えばいいか・・」

2014-07-19_171025 2014-07-19_171011

「なんのなんの、礼はよかよか。はなちゃんのお陰で、蓮子としっかり話ができたんじゃ。これは蓮子の希望でもあるし、気にすることなか。礼は”はなちゃん”が、しっかり出版することで見せてくれればよか」

伝助の協力もあり、村岡印刷の再建は加速しついに新会社として創業の日を迎える。名前も「青凛社」と改め、印刷だけでなく出版社も兼ねています。

「青凛社」の看板を掲げる英治と花子は、万感の表情でした。すると、電話がなりました。甲府の朝市と武からです。

 

「おう!はなたれのくせに、すごいじゃんけ新聞に広告出すなんて」

「はな、再建おめでとう。早速オラの学校に「王子と乞食」を1冊予約入れさせてくりょう」

「朝市・・」

「英治さん朝市が予約するって・・」

「そうか朝市くんが・・良かったね^^」

第一号は朝市だった。予約注文を受け、幸先の良いスタートを切りました。英治は、なれない早速印刷機の操作方法を平祐から教わります。

指導を受けながらも、ついに「王子と乞食」を印刷に着手した。そして数日後、念願かなってついに単行本が完成しました。その本を父、平祐は亡くなった郁哉の前に供えます。

「郁哉・・お前が日本に紹介した本だよ。ようやく単行本が出来上がったんだ」

その目には、涙が浮かんでいました。

「王子と乞食」の完成は、多くの人が祝福しました。

2014-07-17_195652

「HANA! Congratulations!」

「はなさん、無事、立派な本が出来上がりましたね」

青凛社再建の出資者でもある、ブラックバーン校長先生と富山もお祝いに駆けつけました。修和の英語教師・富山は、そこでかつての恋人である梶原と再会するのでした。

花子が新たな一歩を踏み出した一方で、かよはまだ震災のショックを引きずっていた。

ある日、かよはふと村岡家の庭に目をやります。そこに咲き誇っていたのは忘れな草でした。かよは、咲き誇る忘れな草を見て、あることを思い出していました。

■花子とアン 19週 出演 キャスト
吉高由里子,仲間由紀恵,窪田正孝,黒木華,鈴木亮平,高梨臨,藤本隆宏,中島歩ほか

花子とアン,ネタバレ 19週 113話 画バレ

放送後に追加します。

花子とアン 113話 感想

放送後に追加します。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top