あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレ あらすじ15週

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第15週 2014年7月7日(月)~放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ15週 【85話,86話,87話,88話,89話,90話】

時は流れ、大正8年の12月のことです。

はなは、ようやく村岡への失恋の痛手からなんとか回復していました。

そんな日、編集部に朝市と武が葡萄酒の売り込みにやってきて、はなは久しぶりの再開を喜びます。

すっかり仕事に奮闘しているはなが、いま全力で取り組んでいるのは、宇田川の書いた小説、「銀河の乙女」の出版準備でした。

「わたし、単行本で出版するのなら挿絵は村岡さんにお願いしたいわ」

2014-06-26_053501

宇田川も、この小説に思い入れがあるので色々とリクエストをしてきます。

「分かりました!わたし、村岡のお兄さんへ頼んできます!」

英治は一度は断りますが、はなの勢いに押され装画を引き受けることになりました。一方その頃、蓮子は上京して龍一との逢瀬を続けていました。

ある日、その密会の現場に突然伝助が現れます。

「おまん、こげんとこでなんばしよっと!」

その後、貧乏学生である龍一に魅せつけるように、蓮子に豪華な贈りものを与えたり豪華な宴会を繰り返す伝助。

その姿にプライドを傷つけられた龍一は、蓮子に一通の手紙を書きました。その手紙には、一方的な別れの言葉が記されていました。

2014-06-19_1255262014-06-19_125545

村岡は宇田川の新作のために挿絵を完成させました。そのイラストには、英治のはなへの思いが込められていました。

ある日郁弥は、その気持ちに気づき、英治に亡き姉の思いを村岡に伝えます。

「姉さんは、兄さんの気持ちと、はなさんのことにも気づいていたよ(^_^)」

そしてクリスマスがやって来ました。はなをめぐる二人の男性、岡村英治と朝市が初めて対面します。朝市は英治に、はなへの思いを打ち明ける。

「おら、小せえころから、はなのことが好きなんです。あいつ、全然気づかねえけど・・」

2014-06-08_201356

朝市のはなへの思い、そして亡き妻の思い。いろんな思いが村岡の頭をよぎります。そして・・・村岡はある決心しました。

はなとしっかり向き合い、自分の心に素直になろうとしたのです。

■花子とアン 出演 キャスト 吉高由里子,高梨臨,鈴木亮平,黒木華,中島歩,吉田剛太郎,仲間由紀恵ほか

※当ブログは放送前に公開された「花子とアン」のストーリーをもとにあらすじ編集公開しております。本編放送後に、花子とアンの「画バレ」も追加し可能な限り再編集を行っております。ご了承の上お楽しみください。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top