あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレあらすじ 14週82話「蓮子の恋・・」

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第14週82話
2014年7月3日(木)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ14週 82話「蓮子の恋・・」

辛い失恋以降、仕事でもなかなかうまく行かず、落ち込んだ日々を過ごしていたはな。ある日、そんなはなを更に動揺させる出来事が起きます。

事の発端は、いつものカフェーではな、醍醐と郁弥が出会ったことでした。郁弥は、兄・英治について予想だにしないことをかよに相談しいていました。

「姉さん、つまり兄の奥さんの体の具合がだいぶん悪いのはご存知ですよね。最近、姉さんの方から兄さんに離縁の話をしているらしいんです。兄はどうするか、まだはっきりしていないようなんですけど…」

予想外の事実を言われたことに加え、英治の気持ちが全くわからず、はなは益々ドツボに嵌ってしまいました。その夜醍醐とはなは、どうしていいかわからない郁弥の酒に付き合うことに・・。

2014-07-04_0313362014-07-04_031501

やがて潰れてしまう郁弥と醍醐、はなはどうしても酔えないでいた。すると。ドミンゴのドアが開く。英治が郁弥を迎えに来たのだ。たどたどしく軽く会釈をするはな。

「郁弥、しょうがないな、帰るぞ」

「あ、あの。離婚なんて絶対しないでください!」

「・・わかってますよ」

2014-07-04_0316122014-07-04_031602

「あ・・関係ない私が何言ってんだろう・・スイマセン」

はなは、何をしているのかもわからず、頭のなかが真っ白に。その場を走って逃げるてしまう。

翌日編集部に出勤したはなを、更に追い打ちをかける事態がまっていた。ドアを開けるとそこには宇田川満代が・・

「宇田川先生?」

ようやく「にじいろ」に寄稿してくれた宇田川満代が、今度は血相を変えて編集部に怒鳴りこんでいた。

「ちょっと、コレどう言うことかしら?」

2014-07-04_034333

醍醐がはなに耳打ちする。

「はなさん、宇田川先生ににじいろの創刊号渡さなかったの?」

2014-07-04_031730
「てぇっ!!忘れてた・・」
「書店で「にじいろ」が並んでいるの見ましたよ。でもね、まだ私のところには届いてないんだけど・・。これはどいういこと?いつまでたってもくれないから、こちらからとりにうかがいました~」

2014-07-04_0318162014-07-04_031832
「誠に申し訳ありません!」

その瞬間うつむくはな。この宇田川の文句をきいて、はなは真っ青になってしまいました。宇田川に雑誌を届けるよう命じられていたはな。しかしそれをはなは渡していなかったのです。

2014-07-04_031918

はなは、プライベートでのショックから仕事でもミスをを連発し、ますます落ち込んでしまう。

その頃、福岡の蓮子のもとには、東京から頻繁に手紙が届くようになっていました。

その手紙の主は、東京で出会った帝大生、龍一だった。あまりにしょっちゅう届く手紙。それを嬉しそうに部屋へと持ち帰る蓮子の姿を、嘉納家の女中頭、タキはただならぬ怪しい物を感じ手紙を盗み見する。

2014-07-04_0321092014-07-04_031942

ある日の夕食、蓮子は伝助に東京に行きたいと言い出す。

「お願いが・・また東京に行ってもいいかしら?舞台の稽古が、私が脚本を書いた。」

「・・・そん舞台に出るとか?」

「旦那様。いいじゃないですか~東京のお友達も会いにたいでしょうし」

「はなちゃんか?・・そげんいきたいのなら、よか。」

2014-07-04_0321442014-07-04_032155

突然味方をしてくるタミを怪訝に思う蓮子だったが、お陰で東京に行けることになる。

ある日の宇田川との打ち合わせ。急にふられた雨に宇田川は総文堂にあった傘を手に取る。それはあの夜の、想い出の傘だった。

「アラやだ雨だわ、コレ借りるわよ」

「はっ!その傘は・・その傘だけは・・」

「何なの?あなた・・編集者が作家にその態度は」

2014-07-04_0325002014-07-04_032523

「持っていかんでくりょう・・」

「はい、皆さん聞きましたか?梶原さん、この人辞めさせて。じゃないと私もうオタクは書きませんから」

2014-07-04_032634

「わかりました。安東は先生の担当から外します」

「安東、お前最近おかしいぞ。しばらく会社には来なくていい!」

はなはついに、梶原に暇を言い渡される。

2014-07-04_032705

その夜、家に帰ったはひどく落ち込んど何も手に付かない。そんなはなを見た、かよがはなに声をかけた。

「お姉やん。甲府に帰れし!辛くてどうしょうもねーときゃ、逃げたっていいと思うだ」

2014-07-04_032921

「お母のほうとう食えば、きっと元気になるさ!」

かよに励まされ、一時田舎に戻る決心をするはなだった。

2014-07-04_032939

■花子とアン 出演 キャスト

吉高由里子,吉田鋼太郎,仲間由紀恵,窪田正孝,黒木華,鈴木亮平,高梨臨,藤本隆宏,中島歩,町田啓太,山田真歩ほか

花子とアン,ネタバレ 14週 82話 画バレ

2014-07-04_0316502014-07-04_032235 2014-07-04_032251 2014-07-04_0323252014-07-04_0325592014-07-04_0328062014-07-04_032426
2014-07-04_032853

花子とアン 82話 感想

想い出の傘の下りが・・悲しすぎましたね~。

「その傘だけは・・持っていかんでくりょう・・」

2014-07-04_032559 2014-07-04_032523

あの傘が唯一の想い出、はなの心の拠り所だったんですね。絞り出した一言に今日は泣けたわぁwww

すべてを捨ててもこれだけはとっておきたかった、そっとしておいて欲しかったのに、あの宇田川満代のお陰で。

英治は既婚者だって築くくせに、そのへんはリアクション見ても気づかないんですよね~。腹たちますわぁ。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top