あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレ あらすじ 14週「ゆれる思い」

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第14週 2014年7月1日(月)~放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ14週 【79話,80話,81話,82話,83話,84話】

想いを寄せていた英治には、なんと実は奥さんがいました。

初めての失恋に深く傷ついたはな・・。

「このつらい思いを忘れるには、仕事に集中するしか無いわ」

心にポッカリと開いた穴を埋めるため、はなは一層仕事にまい進することを決意しました。

そんなある日、はなはあることに気付きます。

「てぇっ!!この小説…私と村岡さんの話にそっくりじゃん?」

そう、聡文社にて宇田川が連載している小説は、連載することと引き換えにはなと村岡の恋愛話をこっそりネタにしていたのです。

それを知り、失恋の傷にさらに宇田川満代の小説で塩を塗りこまれたはなはショックを隠せません。

2014-06-16_175803

「安東くん、完成した”にじいろ”を宇田川先生に持って行ってくれたまえ」

「はい、わ、わかりました」

更に梶原からはその小説が掲載された新雑誌を、一番会いたくない、宇田川に届けるよう指示されます。

「はなさん、具合悪そうだけど大丈夫?」

「だ、大丈夫です!外に何か手伝えることありますか?ドンドン仕事ください」

2014-06-16_175555

はなの様子に同僚たちは心配しますが、はなは悲しみを隠して明るく振る舞おうとします。そればかりか、更に仕事を請け負い、翌日までに終わらせると約束してしまうのでした。

「今晩徹夜すれば、何とか終わるわ!仕事をしているうちは、つらい気持ちが湧いてこない」

勇んで仕事に取り組むものの、はなは夜中にうとうと居眠りをしてしまい、ギリギリに・・。やきもきする同僚たち。なんとか、締切には間に合ったものの迷惑をかけてしまう。

2014-06-19_125009

さらに、梶原に命じられていたにも関わらず「にじいろ」を宇田川に届けていないことがばれてしまう。自分の大事な恋愛のことが書かれている小説をどうしても渡せなかったのだった。

このまま全く仕事にならないはな。真相を知った梶原は、しばらく休職して甲府に帰す事にする。

「はな!どうしたでぇ~」

「新雑誌がやっと出版できたから、少し休みをもらえたさぁ」

「お~ほうけぇ~」

2014-06-08_204317 2014-06-08_204257

久しぶりの再開に、喜ぶふじと吉平に理由を話せないはなはは、思わず嘘をついてしまった。

久しぶりに朝市とも再会し、思い出の教会の図書室に行きますが、そこで英英辞典をはなは窓から投げようとします。そのはなの様子に、朝市は戸惑ってしまいました。

その頃、福岡の蓮子のもとには、東京から度々手紙が届いていました。不審に思う女中頭をよそに、蓮子は嬉しそうに再び上京するのでした。

■花子とアン 出演 キャスト 吉高由里子,高梨臨,鈴木亮平,黒木華ほか

※当ブログは放送前に公開された「花子とアン」のストーリーをもとにあらすじ編集公開しております。本編放送後に、花子とアンの「画バレ」も追加し可能な限り再編集を行っております。ご了承の上お楽しみください。

  • 花子とアン ネタバレ あらすじ 14週 詳細ネタバレへ ⇒「すすむ」

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top