あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレあらすじ 11週64話

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第11週64話
2014年6月13日(木)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ11週 64話「周造の本心」

突然吉平の愛人を名乗る人物が現れ、ふじから家を追い出された吉平。何とか謝ろうと家に忍び込んだ吉平は、周造と出くわしてしまいます。

怒りに震えた周造だったが、突然倒れてしまいました。

「おじいやんが倒れたってほんとうけ!?」

2014-05-30_182059

はなは慌てて学校から駆けつけました。

周造は、倒れた時にその場にいた吉平が大慌てで医者を呼びに行き、応急処置を施していたことでなんとか一命を取り留めていました。しかし・・

「もう若くねえずら。次に発作が起きた時は・・覚悟しときよし」

周造の年齢のこともあり、はなたち家族は医者からきつく言い渡されてしまいます。

ふじは、自分のせいで父が倒れてしまったのでは…と大層心を傷めます。それでも、吉平を許す気は全くないふじを見ると、吉平はなかなか謝るタイミングを見つけることができませんでした。

2014-05-28_0926292014-05-28_092803

「なぁふじ、おとうが倒れて忙しいら?おいに何でも手伝わせてくりょう」

なんとかきっかけを探そうと吉平は一生懸命ふじに声をかけます。しかし家に来ていた朝市の母リンにまで

「あんた、浮気してふじちゃんを泣かせといて、どんな顔して帰ってきたずら!」

「帰れ帰れ、家から出て行け!」

そう言われ、吉平はますます肩身の狭い思いをするのでした。

周造は、一命は取り留めたとはいえ以前のようにからだを動かすことができず、納屋で寝込んでいました。その枕元には、はなの新刊「たんぽぽの目」が。

 

「おらにも、字が読めたらなあ…」

2014-06-02_222809

本を見つめ寂しそうにつぶやく周造。そんな周造を見て吉平は、”たんぽぽの目”を手に取り朗読しました。

「婿どん・・今まで言ったことはねかったが、ありがとう。婿どんのお陰で、はなは東京の難しい学校にいけて、こんなに立派な本を書けるようになっただ」

「はなの才能を伸ばしてくれたのは、間違いなく婿どんだ。おらは多分この先長くねえ。わしが死んだあと、かよ、吉、もも、ふじ、はなのことは頼んだぞ」

初めて感謝の言葉を受け、愛する家族のことを託された吉平。暗い納屋のなかで、吉平の目には涙が浮かんでいました。

2014-05-28_093333

■花子とアン 出演 キャスト

吉高由里子,伊原剛志,室井滋,石橋蓮司,松本明子,吉田鋼太郎,窪田正孝ほか,マキタスポーツ,城戸愛莉ほか

※当ブログは放送前に公開された「花子とアン」のストーリーをもとにあらすじ編集公開しております。本編放送後に、花子とアンの「画バレ」も追加し可能な限り再編集を行っております。ご了承の上お楽しみください。

花子とアン,ネタバレ 11週 64話 画バレ

放送後に追加します。

花子とアン 64話 感想

放送後に追加します。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top