あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレあらすじ 11週63話

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第11週63話
2014年6月12日(水)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ11週 63話「おじいやん、倒れる・・」

突然勃発した吉平の浮気騒動。怒りのあまり、家から吉平を追い出したふじはもちろん、はなも不甲斐ない父の姿に怒りを抑えることができません。

2014-06-02_223829 2014-06-02_223729

一方、はなの新作小説「たんぽぽの目」を受け取って嬉しそうな姿だった蓮子も、怒りに震える出来事と戦っていました。たんぽぽの目のお礼とともに、蓮子から届いた手紙によると…。

蓮子は、義理の娘である冬子を、自分の母校である修和女学校に入学させようと奔走していました。しっかりとした教育を受けることが、冬子のためになると思っていたのです。

2014-05-30_182507 2014-05-30_182458

しかし、女子への教育はふようという姿勢の伝助は、蓮子に何の相談もなしに冬子とお金持ちとの縁談を勝手に進めていました。

「あなた、私は縁談の話なんて一言もきいていません!しっかりとした教育を受けさせもせずにお嫁に出すなど、先方にも失礼だとはお思いに成らないのですか」

「教育など、わしは知らん。冬子にとって、この上なくいい縁談が来とるんじゃ。お前に口を出す権利はない!」

「またそうして私を蚊帳の外にして!」

2014-05-30_182650

蓮子と伝助の口論はなかなか収まる気配がありません。

伝助が過労で倒れた一件以降、はためにもぎこちないながら、なんとか夫婦らしい振る舞いを見せるようになった二人でしたが、すっかり見る影もない姿になっていました。

また、伝助の手によって自分の思い描いていた希望を壊され、これまで何とか耐えてきた伝助との辛い結婚生活に、蓮子は絶望してしまいます。

その頃、事件真っ最中の安東家。なんとかふじに謝ろうと夜にこっそり家に忍び込む吉平だったが、そこで周造にばったりあってしまいます。

これまで、家のために何もしてこなかったばかりか、不貞で娘を悲しませた相手とあって、周造も怒りをつのらせます。そしてついに、怒りのあまりか周造は急に倒れてしまいうのでした。

■花子とアン 出演 キャスト

吉高由里子,伊原剛志,室井滋,石橋蓮司,松本明子,吉田鋼太郎,窪田正孝ほか,マキタスポーツ,城戸愛莉ほか

※当ブログは放送前に公開された「花子とアン」のストーリーをもとにあらすじ編集公開しております。本編放送後に、花子とアンの「画バレ」も追加し可能な限り再編集を行っております。ご了承の上お楽しみください。

花子とアン,ネタバレ 11週 63話 画バレ

放送後に追加します。

花子とアン 63話 感想

放送後に追加します。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top