あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレあらすじ 11週【後編】

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第11週【後編】

2014年6月9日(月)~放送予定分

  • 花子とアン ネタバレ 11週 前編へ もどる
  • 花子とアン ネタバレ 11週 各話 ネタバレ詳細へ⇒すすむ

花子とアン ネタバレ あらすじ11週~後編 【61話,62話,63話,64話,65話,66話】

一方の甲府では。

教会での暮らしを余儀なくされていた吉平が許しを請うために家に戻ると、周造と鉢合わせになる。

2014-05-10_140958

「吉平!今まで家族をほっぽらかして・・今頃のこのこ何しに帰ってきただ!」

吉平の姿を見た周造は、怒りのあまりその場に倒れてしまうのだった。

慌てて医者に見せる吉平だったが、周蔵は年齢から心臓が弱っているようでした。

翌日、吉平が見舞いに訪れると、周造が布団で横たわりながら、はなの新刊をいとおしそうに眺め、

「わしも字が分かったら、はなの物語が読めるんに…」

とつぶやくのをきいてしまいます。吉平はそっと本を手に取り、はなの物語をおじいやんに、こわごわ読んで聞か始める吉平。

「はなの才能は、むこどんゆずりじゃ。わしは、もう長くねー。むこどん、わしが死んだら家族のこたぁ頼む」

周造は、弱々しく笑いながら吉平に家族を託すのだった。その頃、騒動を引き起こした張本人、サダがはなを訪ねてきていました。

「サダさん!!」

驚くはなに、サダは今回の事の顛末を話し始める。

「実は私・・吉平さんがあんまりふじさんの話ばっかりするもんだから、の話を聞くうちに自分の夫婦仲が悪いのが何かやるせなくなって・・」

「夫婦仲の良い吉平さんの姿に憧れてつい嘘を・・」

それを知って慌てたのはふじだった。やっぱりオトウは嘘をついてなかったんだ!

「おとうーー、おらが悪かった。帰ってきてくりょう!」

2014-05-15_175352

ふじは慌てて教会に走って吉平に心から誤り、2人の仲は元のさやに収まった。

その夜のこと。おじいやんの看病をしていつはなは。病床の周造は最後の力を振り絞って、弱々しい息の下ではなに言います。

「はな、夢は夢中で追いかけろし」

「え?」

2014-05-12_201202

「好きなこと見つけたら、それを最後まで追いかけろし。はな。」

「おじいやん・・」

それからしばらくして、周造は帰らぬ人となった。大好きだった亡き祖父の遺言が心に刺さったはなは、このまま家のために甲府に残るべきなのかを悩んでいた。

「わたしは、どうしたらいいのかしら・・・」

朝市に相談すると、自分の気持を押し殺して朝市が答える。

「はなは、自分の夢を追いかけろし。それが、はなには一番にあってるじゃん」

「ほっかな・・」

自分の気持をしまい込む朝市。相談したはなは、ついに東京行きの決意を新たにするのだった。

■花子とアン 出演 キャスト

吉高由里子,伊原剛志,室井滋,石橋蓮司,松本明子,吉田鋼太郎,窪田正孝ほか,マキタスポーツ,城戸愛莉ほか

※当ブログは放送前に公開された「花子とアン」のストーリーをもとにあらすじ編集公開しております。本編放送後に、花子とアンの「画バレ」も追加し可能な限り再編集を行っております。ご了承の上お楽しみください。

花子とアン 11週【後編】感想

花子とアンも、前半が終わりました。はなの才能の目覚めから、迷いまで、盛りだくさんでしたね。

最後まで思いを打ち明けなかった朝市の姿が何よりも切ないです。いい男です。でも想いは打ち明けないと届かないんでうよ朝市・・特に女子にはね。

さて東京では、どんな未来がはなを待ち受けているのでしょうか((o(´∀`)o))ワクワク

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top