あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレあらすじ 8週47話『何で花子じゃないの?』

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第8週47話
2014年5月23日(金)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ8週 47話

「続きを読ませて・・」たえの言葉に奮起したはなは、教え子のたえのために原稿の形にし書き上げる。そして出来上がった原稿を、女学校時代に蓮子と約束したペンネーム”安東花子”で投稿しました。

一方はなとは離れた福岡で、ツライ結婚生活を送っていた蓮子は、ある夢を持っていました。以前、伝助が女学校を運営すると兄の葉山伯爵から聞いていた蓮子は、それに関わろうとしていたのです。

しかし開校を目前にして、運営は他人が行うことになり夢が砕かれた蓮子は落胆していました。

そして数ヶ月たった7月のある日。

「はな郵便が届いてるだよ」

「私に・・誰だろ?」

2014-05-23_195558
「てぇっーーー!」
2014-05-23_195645
はなの出した物語が、なんと児童文学の賞を受賞したとの知らせをうける。そこに居合わせた朝市も一緒になって大喜びする。

ところが、なの童話が掲載されている本の作者のところが「安東花子」というペンネームではなく「安東はな」になおされてた。

2014-05-23_1958062014-05-23_195908

「てぇっ!!何で?」

合点がいかないはなは、文芸誌の出版元を確かめる。すると村岡印刷と書かれている。出版するのは、はなが学生時代にアルバイトで世話になった岡村印刷だった。

『きっとアノ村岡印刷さんの仕業だ!』とはなは推察しました。

そんな嬉しい知らせとは逆に、数日後吉太郎の入隊のが決まってしまう。ふじは複雑な気持ちになるが、家族のためにという吉太郎の事を痛いほどわかっているふじ。

2014-05-23_200035

 

「よかったずらな、吉太郎・・」

2014-05-23_2001032014-05-23_195953

と笑顔で吉太郎を応援する。しかし「安東家は吉太郎がいなくなれば男はおじいやんだけじゃんけ・・」そんなふじを徳丸も陰ながら心配していたのだった。

一方、はなの投稿作が児童文学の賞を受賞したというめでたい知らせは、瞬く間に甲府中に広まりました。それどころか、その噂は遠く離れた蓮子も偶然にもこの知らせを目にする。

「はなちゃん?すごいわ!!」
2014-05-23_2010472014-05-23_201143
はなの受賞を自分のことのように喜び、伝助にもそのことを伝える。しかし文字が読めない伝助には蓮子の気持ちが伝わらなかった。

それでも腹心の友に祝福の手紙を書こうとする蓮子。しかし、なかば喧嘩別れしていたこともあってためらう蓮子は、その手紙をそっとしましまいこんでしまう。

2014-05-23_2012512014-05-23_201332
はなは受賞者の懇親会に出席するため、久しぶりに東京に行くことになりました。会場はかつてのアルバイト先である向学館です。

2014-05-23_201354

「安東はなさん!この度はおめでとうございます!」

村岡がななを見つけて近づいてきた。

「村岡印刷さん・・コレ間違ってます!」

2014-05-23_2014302014-05-23_201421

そこで村岡英治に久しぶりに再会。さっそく名前の誤植のことを責めるはな。

「どこがです?ちゃんと安東はなさんになってますよ(^_^)」

「私ははなじゃなく、花子ッて書いて出したのにどうして・・”安東はな”になってるんですか?あれじゃだめなんです!」

2014-05-23_2014502014-05-23_201514

「え??そうなんですか。でも私はそのことは全く知りませんけど・・」

いくら言っても英治の仕業では無いというのです。しかしはなはまだ村岡がやったと怒って口喧嘩になってしまう。
2014-05-23_201552

もし違うとしても一体誰が何のために・・てっきり村岡が犯人とばかり思っていたはなは、知らないと言われ困惑してしまうのだった。

■花子とアン 出演 キャスト

吉高由里子,伊原剛志,室井滋,石橋蓮司,賀来賢人,黒木華,土屋太鳳,窪田正孝ほか,マキタスポーツ,伊藤真弓ほか

※当ブログは放送前に公開された「花子とアン」のストーリーをもとにあらすじ編集公開しております。本編放送後に、花子とアンの「画バレ」も追加し可能な限り再編集を行っております。ご了承の上お楽しみください。

花子とアン,ネタバレ47話 画バレ


2014-05-23_200114 2014-05-23_200157 2014-05-23_2009512014-05-23_201158 2014-05-23_2012242014-05-23_201602 2014-05-23_201711 2014-05-23_201732

花子とアン 47話 感想

はな、すごーーい!ごいす!(^_^)

処女作が入賞するなんて、英語の才能というより、文学的才能に秀でていたんですよね。

甲府に帰ることになって関わりが薄くなるかと思った村岡さんの再登場の兆しに、ちょっと嬉しくなっていまいました。笑

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top