あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレあらすじ 8週46話

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第8週46話
2014年5月22日(木)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ8週 46話『たえからの手紙』

多くの人にたえのことだけに、夢中になりすぎたはなは周りのことが見えなくなっていました。慌てて探しまわるたえの両親や、外の先生たち。

ようやくはなとたえを見つけますが、迷惑をかけてしまったはなは事の重大さに後になって気づくことになる。案の定、翌日校長の本多からはなは呼び出されます。

「安東先生・・こないだと言い昨日と言い、先生は・・教師には向いちょらんのじゃないけ?」

「とりあえず今日はけーってくれよし」

「・・・」

2014-05-22_193811
2014-05-22_193858

そう言われ何もいい返せないはなは、帰宅させられてしまった。悩んだ末思いつめたはなは、翌日教師を辞めることを決意し辞表をしたためる。

その放課後、辞表を提出するため学校に向かったはな。しかしそんなはなに、校長は以外な反応を見せる。

2014-05-22_1937222014-05-22_1938012014-05-22_193823
なんと本田や校長にはなを辞めさせないでくれと頼み込んでいました。その話を朝市に聞き、生徒たちの思いを知ったはなは熱いものがこみ上げる。

「はな!ひと月で辞める教師がどこにいるっちゃ!安東先生。今回ばっかしは大目に見っけど・・今度あったらわかっちょるな」

「まぁ今後はこんなことねーよーに、明日からは生まれ変わった気持ちでこぴっとがんばれし!」

「はい!」

2014-05-22_1940372014-05-22_194051
本多から一喝されたものの、生徒たちのお陰ではなは学校をやめずに済んだのだった。月日が流れやがて夏も近づいた頃、小学校にはな宛の手紙が届きます。

それは子守のため学校を辞めていった、たえからの手紙でした。その中には

『ひもじい思いをしてはいねえが、おらは家族に会いてぇし学校にも行きてぇ。それに先生があの日読んでくれた物語の続きもおら聞きてえ!いつか、先生の物語の続きをわしに聞かせてくりょう』

2014-05-22_1941272014-05-22_1941052014-05-22_194134
と書かれていた。手紙に背中を押されたはなは途中になっていた物語を毎日教会の図書館に通って、たえのために一気に書き上げました。物語は「ミミズの女王」と言うタイトルがつけられていた。

2014-05-22_194152
しかし、たえの手紙には住所がなく困ってしまうはな。せっかく書き上げた物語を届けるすべがありません。

途方に暮れているはなは朝市に相談する。すると朝市は助言しました。

「ほういじゃ、雑誌に投稿してみたらいいじゃんね。掲載されたら、たえも見るかもしれんし」

2014-05-22_1942212014-05-22_194243
「そうか!そうだね!さすが朝市」

朝市の助言にはなも乗り気のようだった。そしてはなは、ついにあのペンネームで投稿することを決意する。2014-05-22_194453

■花子とアン 出演 キャスト

吉高由里子,伊原剛志,室井滋,石橋蓮司,賀来賢人,黒木華,土屋太鳳,窪田正孝ほか,マキタスポーツ,伊藤真弓ほか

※当ブログは放送前に公開された「花子とアン」のストーリーをもとにあらすじ編集公開しております。本編放送後に、花子とアンの「画バレ」も追加し可能な限り再編集を行っております。ご了承の上お楽しみください。

花子とアン,ネタバレ46話 画バレ

2014-05-22_1939292014-05-22_1939392014-05-22_1939582014-05-22_1940152014-05-22_1940252014-05-22_194213
2014-05-22_194250 2014-05-22_194304 2014-05-22_194313 2014-05-22_194327 2014-05-22_194337 2014-05-22_194347 2014-05-22_194359 2014-05-22_194429 2014-05-22_194437

花子とアン 46話 感想

はなが学校をやめずに済んで良かったです。こういう先生のほうが生徒としては学校にいくのが楽しいですよね。

相手のためにいつもどうすればいいか?と考え続ける花の気持ちは子供にもちゃんと伝わったんですね。コレが今の世の中だとこうは行かないかもしれませんけど・・

たえからの手紙に奮起して書いたという物語は、一体どんな内容なのでしょうか。この間の話の続きとはいえ、タイトルが不思議すぎてそこが気になってしまいます。

はたしてはなは、人生初のオリジナルの物語「みみずの女王」を届けることが出来るのか?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top