あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレあらすじ 8週45話

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第8週45話
2014年5月21日(水)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ8週 45話『さようなら先生』

それから1ヶ月が立ち、ようやく学校生活に慣れてきたはなだったが、ここ一週間ほどたえが学校に姿を見せていなかった。気になったはなは校長の本田に粗相談する。
2014-05-21_1156132014-05-21_115648

「一週間も休むなんて。今からたえさんの家に行ってこようと思います。」

「おまんが余計なことすると思って、言ってなかったけんど・・たえはもう学校には来ん」

「え?」

実は、たえは親戚の家に子守として引き取られることになり、学校を去ることになると本田から知らされるはな。

かつての自分を思い出すはなは、少し落ち込みながらはなが帰宅すると、たえが家の前に待っていました。

2014-05-21_1158322014-05-21_115906

「先生!はな先生!」

「たえさん!!」

「先生だけが、おらのことを分かってくれた。だから・・・ありがとうとさようならを言いに来たじゃ」

「たえちゃん・・いつ行くズラ?」

「明日・・」

驚きを隠せないはなだったが、そんなたえを自分の子供のように家に上げる。すると我が子を迎えるように母のふじもたえに自慢のほうとうをふるまいました。

2014-05-21_120248

「うちのお母のほうとうは、おいしいのよ」

「ホントにうめえ!!」

2014-05-21_120021

ところが突然、たえが箸を止め何かを見つけ部屋の隅に走っていく。

「もっと腹いっぺえ食えし(^_^)」

ふじがたえに声をかけるが全く耳に入っていない。

たえはふと目に止まった「おやゆび姫」の絵本を手に取ります。

2014-05-21_120225

「先生これ読んでもいいズラか?」

「本がすきなの?コレ読んでみたいの?」

頷くたえに、はなは快く絵本を手渡す。親指姫の絵本を夢中で読みふけるたえ。その姿に自分の子供の頃の姿がどんどん重なっていく。

2014-05-21_120343

「そんなに本が好きなら、もっとウンとこさ本が読めるとっておきの場所につれてったげる」

「そんなとこあるずらか?」

「はな・・これからどっか行くずらか?真っ暗だに。また問題になったら大変だ、やめとけよし」

家族は止めようとするが、明日には旅立つたえには今日しか時間がない。

2014-05-21_1204212014-05-21_120439

「今日しかないの!」

はなは、問題になる危険を承知で家族の静止を振り切り、例の場所へたえを案内するのだった。

半信半疑のたえをはなはあるところへ連れて行く。そこは昔朝市が、子供の頃に自分を連れてきてくれた教会の図書室だった。

「うわーー。ここは、ウンとこさ本があるずら」2014-05-21_120526

はなは、たえに好きなことをおもいっきり楽しんで欲しかったのです。

「先生コレ全部読んでもいいズラか?」

「ここは、先生が小さいとき大好きだった場所なのよ。今夜は、思い切りここで本を読みましょう」

「先生、おらもここが好きだ。本がいっぺえで、たのしいズラ!」

はなは、多くの人を楽しませる本が作りたいという夢をたえに語る。

2014-05-21_1206322014-05-21_120729

「すげ~な先生。先生の作った物語をオラにきかせてくりょう!」

せがまれるまま、オリジナルの物語を語り聞かせました。

その頃ある事件がはなの知らないところで起きようとしていた。

実は、夜遅くなってももどらないたえを心配した家族が、たえを探しまわっていたのだった。

「はないるけ?」
2014-05-21_120606

慌てた顔で朝市がはなの家にやってくる。

「はななら今生徒さんと出て行ったずら。一番好きな場所行くって・・」

それを聞いてピントきた朝市は、教会へ急いで走った。

「こんなトコで何してるだ!親御さんが心配してるら」
2014-05-21_1208242014-05-21_120835
はなたちを見つけた朝市が怒鳴りつける。残念そうな表情をするはなとたえだったが、事が大事になっていることを知り途中で帰されることになってしまった。

翌日、今度ばかりはと本田にも怒られるはな。

「もうおめえの言い訳は聞き飽きたズラ。おまんは教師に向いてねえ・・」
2014-05-21_1211252014-05-21_121155
ついに校長にも最後の一言を突きつけられ、ショックを隠せないはなは自宅に帰されてしまう。

そのころ学校では、はなの気持ちをしっていた朝市が校長に直談判していた。

「安東先生は、たえのことをお気に入りだから目をかけたじゃないと思います」2014-05-21_1214062014-05-21_1215012014-05-21_121524
「オラからもお願げ-しやす。安東先生の事を許してやってくだせぇ」

「・・・」

10の頃から甲府を離れ、頑張ってきたはなにしかわからない苦しみがある。それを乗り越えるための力をたえに与えたかったのでは?と朝市は本多に頭を下げるのだった。

■花子とアン 出演 キャスト

吉高由里子,伊原剛志,室井滋,石橋蓮司,賀来賢人,黒木華,土屋太鳳,窪田正孝ほか

花子とアン,ネタバレ45話 画バレ

2014-05-21_115717 2014-05-21_1157482014-05-21_120537 2014-05-21_1205562014-05-21_120847 2014-05-21_1209592014-05-21_121323

花子とアン 45話 感想

たえは、はなが教師になる自覚を持つ上で重要な人物ですよね。

まだ家の都合で学校に通えない子供がいるのが、見ていて辛いです。

それに、はなが物語の道に進みたいというきっかけにもなりそうですよね。

でも、あの頃のままはなは変わらず図書室で大騒動。

また本多先生に叱られてしまうのではないでしょうか・・・

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top