あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン,ネタバレあらすじ 6週36話『腹心の友』

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第6週36話
2014年5月10日(土)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ6週 36話『はなの決意と蓮子の決意』

楽しい夕食も済んで皆が寝静まった深夜、蓮子にそっとよりそってくるふじ。

「蓮子さん。蓮子さんは、もううちの家族の一員じゃん(^_^)」

「・・・」

「だったら娘も同じじゃんね~。おらを蓮子さんのお母~だと思って、何でも話しておくれよし」

見ず知らずの自分を家族、そして娘だと言い切るふじ。初めて感じた母の暖かさというものに、蓮子は涙し、笑顔を取り戻しました。

ふじの優しさに触れ、生きる力をもらった蓮子は、この時ある大きな決断をしていたのだった。

2014-05-10_140851

翌朝、はなが家の野良仕事を手伝うのを見て蓮子がふじに言った。

「私にもなにか手伝わせてください!」

しかしおふじは着物がよごれるから、蓮子さんはなにもしないでいいと答える。

「おじいさまなにか私に手伝うことはありませんか?」

「そうさな・・蓮子さんにできることか・・あっ!」
2014-05-10_140958
何かお思いついたおじいやん。おじいやんは蓮子に『はなと釣りに行ってほしい』と頼むのだった。はなは蓮子とつれだって釣りに向かうことになった。

しかし、いつまでたってもふたりともピクリとも浮きが動かない。しかし蓮子は以外な事をはなにはなに語り始める。2014-05-10_141032

 

「この時間がずっと続けばいいのに・・」

 

「蓮様!ずっと釣れなくてもいいんですか?」

 

「そうじゃないの・・青春なんて私にはもう無いと思ってたから・・」2014-05-10_141057
「やっぱりはなさんちに、来てよかった」

「蓮様・・お姉さま、なんか今日はおかしいですわ」

蓮子はすっかり笑顔になり、はなの家が楽しかったかを朗らかに語ります。その姿に少しホッとするが、はなは蓮子の言葉になにか違和感を覚える。

しばらくして吉太郎、朝市たちがそこへやってくる。

「はな!!」

「朝市!きただけぇ」
2014-05-10_1429562014-05-10_141230

「蓮子さんのこたぁ、はなの手紙で良くしってます(^_^)」

「何だ、ふたりとも一匹もつれてねえじゃ」

 

すると吉太郎も・・

「ほんななことじゃろう思って、手伝いに来たじゃ」

「兄やんは釣りの名人よ」

「ホント?」

2014-05-10_1430272014-05-10_143039
蓮子の目を見てはなが微笑む。蓮子が、吉太郎を尊敬の眼差しで見つめると吉太郎は無言になって照れてしまった。

 

吉太郎と指導で釣りを再開した蓮子はさっきまでの静けさが嘘のようにいきなり大物をを釣り上げ、みんなを驚かせるのだった。
2014-05-10_1431562014-05-10_143253

一方、釣りをしながら朝市とはなは将来について話し始める。

「はな・・オラ師範学校さ通って、教師になろうとおもってるだよ」

「てぇ!朝市・・ホントけ!?」

「はなは、どうするんでぇ?」

「私は、このまま家に迷惑かけて自分だけ好きなことさせてもらって果たしていいのかって悩んでるだよ」

2014-05-10_143131

「おらだって、師範学校の試験に受かる自信もねえ・・それでもやってみるだよ」

朝市は新たな夢をはなに告げます。朝市の本気の覚悟を聞いたはなも、負けてはいられないとあることを決意する。

その後、蓮子と東京に帰ったはなはのもとには小包が届いていた。なんとそれは、村岡が先日のお礼にと送った最高級の英語の辞典だった。
2014-05-10_143523

「私が欲しかった辞典だわ」

「きっとアノ方も、はなちゃんの才能を認めているのよ。はなちゃんは高等科に進んで翻訳に磨きを書けるべきだわ」

「連様は・・」

2014-05-10_1440202014-05-10_144046
「私ももちろん行くわ(^_^)」

それを聞いたはなの心は、決心から確信へとかわった。

帰るやいなやブラックバーン校長の元を訪れるはな。

2014-05-10_144130
「私、高等科に進んで翻訳の勉強を続けようと思います」

「そして翻訳の仕事につきたいと思います」

朝市、蓮子に触発されたはなは、迷いも吹っ切れてブラックバーンに新たな決意を宣言する。

「並大抵のことでは無いですよ。」

茂木も心配そうにはなをみつめるが、はなの決意は揺るぎない。

「はな。やってみなさい!!」
2014-05-10_1441532014-05-10_144217
「でも安東さんのいいところは、その根拠の無い自信ですからね・・」

ブラックバーンと富山は、はなの強い信念を察し、快くあとおしをしてくれるのだった。

数日後、戻ったはなのもとに醍醐があわてて駆け込んでくる。

「はなさん!大変ですわ。コレみてくださいます」

2014-05-10_144324
何か新聞を抱えている。その目にとびこんだのは、今度はとんでも無いニュースだった。

「筑後の石炭王と、葉山伯爵令嬢婚約」の文字が新聞にでかでかと乗っているではないか。

「てぇっ!!れ、蓮子さん・・何で?」
2014-05-10_1444382014-05-10_144500
腹心の友だったはずの蓮子さんが、どうして一言も言ってくれなかったのか?

その裏切りに、何が何だか分からない。はなは、ただあわて落ち込むばかりだった。
2014-05-10_144514
■花子とアン 出演 キャスト

吉高由里子,伊原剛志,室井滋,石橋蓮司,賀来賢人,黒木華,土屋太鳳,窪田正孝,ともさかりえ,浅田美代子,仲間由紀恵ほか

花子とアン,ネタバレ36話 画バレ

2014-05-10_1409302014-05-10_140941
2014-05-10_1410192014-05-10_1432202014-05-10_143447 2014-05-10_1435072014-05-10_1435402014-05-10_144100

花子とアン 36話 感想

ふじは、母は、やっぱり偉大だなあと感じたこの週の終わりでした。

家族の愛情というものを知らない蓮子にとって、血のつながりも境遇も全く違うけれど、初めて「家族」というものがわかったのでしょう。

家族がいると思うから、あんなに嫌だった結婚への踏ん切りがついたのかもしれません。

この時代は、大きい家の結婚も新聞に取り上げられていたのですね。はなにとっては青天の霹靂でしょうから、来週どうなってしまうのでしょうか…。

【4/26感想】
退学にならずに良かったわ~!蓮子さんが何を言い出すのかと思っていましたが、2人仲良く?学校生活を続けられるかはまた別問題ですが・・

しぶしぶ食堂に来て、はなの誘いにも乗らず1人ぽつんと食事を食べる蓮子さんですが、一言出た「ありがとう」に彼女の変化の兆しを感じました。

はなも嬉しそうで、こういうストーリーは視聴者も幸せですね~。白鳥さんには八つ当りされるっていうオチも忘れてませんがね(^-^;

来週は、ロミオとジュリエット?楽しみです。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top