あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン,ネタバレあらすじ 6週34話

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第6週34話
2014年5月8日(木)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ6週 34話 『蓮様が甲府へ?』

初めての給料できんつばを買い、蓮子の帰りを待つ花だったが・・

その頃蓮子は、お見合いの真っ最中だった。政略結婚のため気乗りのしない蓮子は、終始無言だった。2014-05-08_1920112014-05-08_192036
「年甲斐もなく緊張しているようで・・」

葉山伯爵は、その場を取り繕うのに精一杯だった。結局、蓮子はその日は実家に止まることになった。

着くなり蓮子は怒りをびちまける。
2014-05-08_1929532014-05-08_192943

「お兄さまは、私があの人とホントに夫婦になれるとお思いですか?」

「蓮子、頼む・・もう結納金も受け取ってしまったんだ」

とんでも無い兄の言葉に耳を疑う蓮子は、呆れて言葉が出てこない。もう後戻りできないと悟った蓮子だった。2014-05-08_192258
2014-05-08_192516
その夜、蓮子は帰ってこないと茂木に聞いたはな。そこへはなに、父から電報が届く。

「コンバンアイタシオトウ」

「おっとう!」

はなには隠していましたが、この頃社会主義が危険思想とみなされているため、自分の身近な者たちが警察に捕まったことで、吉平は身の危険っを感じ雲隠れしようと思っていたのでした。2014-05-08_192352

2014-05-08_192321
その夜。皆が寝静まった頃、いつもの密会場所に向かうはな。

「グッドイブニングはな」

「おっとう!!」
2014-05-08_1925282014-05-08_192538
はなから初給料をもらった話や親友ができた話を聞かされ、嬉しい表情を浮かべる吉平。

「はなは、オトウが知らん間にうんとこさ成長しただな」

「うん・・・」

「オトウはまたしばらく旅に出る。今度はちいとばかし長えたびになる」

「俺はこれねえが、コピっとがんばるだよ。遅くなるからもういけよし」

「うん」
2014-05-08_1927102014-05-08_1927492014-05-08_193003

そして翌朝・・何もなかったかのように蓮子が帰ってきた。勿論見合いのことをはなはしりません。

はなが初給料で買ってくれた、きんつばをつまむ蓮子。

「どう?かたくなったかしら?」

「おいしい(^_^)」

2014-05-08_193041
笑顔になってホッとするはな。そして蓮子は突然とんでも無いことを言い出した。

「はなさん、私はなさんのご家族に会ってみたいわ」

「え??ウチなんか汚いし連様の行くようなところじゃないですよ」

見合いの翌日、蓮子は突然甲府のはなの家族に会いたいといいだすのだった。

2014-05-08_193120
はなは何とか説得したが、蓮子はどうしてもと譲らない。

「わかりました。だったらお正月にでも行きましょう!」

「なるべく早いほうがいいの。来週辺りどうかしら?」

「てぇっ!!ら来週ですか・・」

慌てて電報を打つ事になった、はなだった。

その電報を受け驚いたのは安東家の面々。

2014-05-08_193213
「友達連れてくるって、あそこはお嬢さんばっかりでねえか?」

「何食べさせてあげたらいいべ・・」

いきなりの来客に右往左往し始めるふじだった。

そんな周りのドタバタもお構いなしに、蓮子はいよいよはなと甲府行きの列車にのってしまうのだった。2014-05-08_1933292014-05-08_193351

■花子とアン 出演 キャスト

吉高由里子,伊原剛志,室井滋,石橋蓮司,賀来賢人,黒木華,土屋太鳳,窪田正孝,ともさかりえ,浅田美代子,仲間由紀恵ほか

花子とアン,ネタバレ34話 画バレ


2014-05-08_192149 2014-05-08_1921592014-05-08_192406 2014-05-08_192427 2014-05-08_1924372014-05-08_1928292014-05-08_193015

花子とアン 34話 感想

まさかの、編集長と富山先生のラブロマンスでした!でも、富山先生も頑固な人ですね・・・。

頑固というより、芯のつよいこの時代ならではの人、という方が適切かもしれません。

そして、物語はじめの方から社会主義に片足を突っ込んで、いつか大変なことになるのではと思っていたおとうの身に、危険が迫ってきました。

思想で弾圧する、というのは、今の時代ではあまり想像がつきませんが、こうしてドラマの中で見るとその怖さがひしひしとわかります。

蓮子さんも、驚くことを言い出すし、きっと蓮子は自分のないものをもってるはなが羨ましいんですよね~。はなにすれば何でももってる蓮子こそ羨ましい。

他人の芝が青く見えるってのは今も昔もやっぱかわんないんでしょうね(^_^)

【4/24感想】
おとうの平手打ち・・情けねえやら、怒りやら、色んな感情が詰まっていましたね。はなを何とかして救いたいという土下座に、思わずうるっとしてしまいました。

蓮子は蓮子で素知らぬふりだし、この蓮子の体温が低い感じが、どうしても不気味に感じてしまいます。体温が低いという意味では、富山先生を連想するかも…

今週はぜんぜん「ごきげんよう」にはなりませんね・・・

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top