あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン,ネタバレあらすじ 6週32話「安東花子誕生」

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第6週32話
2014年5月6日(火)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ6週 32話 『富山が、まさかの・・・』

蓮子は、女学校の本科を卒業したら、高等科に進んで働くすべを見につけ、一生1人で生きていくと告げて女学校に帰ります。

この見合い騒動の件をはなに伝えると、はなはまるで自分の受けた仕打ちのように怒ります。

その姿さえ、蓮子にとっては、はなが何者にも代えがたい親友だという証拠になり、ますます嬉しくなるのでした。

富山もまた、大文学会を経て何かが変わったようでした。数日後、アルバイトの帰りにはなは醍醐を見かけます。

2014-05-07_054458
何かに注目している醍醐の視線の先には、男性と親しげに話す富山の姿がありました。

「編集長!!」それは出版社の御曹司編集長だった!

翌日から学校中は富山の話で持ちきりになる。醍醐が昨日あったことを女生徒に話し始めた。

2014-05-07_054949

「昨日、富山先生を知るいとこの人に聞いてみたの。そしたら・・女学校時代大恋愛した男子学生の方がいたらしいって・・」

「その殿方は家庭の事情から、大富豪のお嬢様と結婚して富山先生は捨てられたんだそうよ」

2014-05-07_054649
「まさにロミオとジュリエットね~。でどうなったの?」

「それが最近離婚したらしいのよ。その御曹司は古くからある出版社の方らしいわ」

それを聞いてはなの確信した。間違いない・・編集長だわ。

「間違いないでしょ?はなさん。」2014-05-07_0548472014-05-07_0549022014-05-07_054535
醍醐も確信していることをはなに伝える。

悩んでいた、当の本人富山は茂木に相談する。

「今更そんなこと言われてもね・・」

「そんなことになってたなんて皮肉なもんね」

その話を近くで職員室で聞いた蓮子が、富山の背中を押す

「私は富山先生を見直しました。その愛貫き通すべきです!」2014-05-07_0555252014-05-07_055544
それを聞いてはっとしまた考えこむ富山だった。

一方はなは、編集者でアルバイト。相変わらず小間使いとして働いていた。

そんな時、見覚えのある男が編集者に訪ねてきた。その時の本をとってくれた人だ・・

動揺するはなに、その男から紙を受け取った編集長ははなに尋ねる。

「小間使い君、これどう思う?」

「全くわかりません・・」

2014-05-07_055209

2014-05-07_055223
英語を翻訳したものらしいが文章が難しすぎて、何を行ってるかわからなかった。

「君は英語できるよね?すぐ翻訳してみてくれないか?」

「私がですか・・はい。アノ方は?」

2014-05-07_055337
「昔からここに出入りしている印刷屋さんだよ。そこの二代目だ」

「そ、そうなんですかぁ・・」

遠目にその男を見ながら、急いで翻訳にかかったはな。驚くようなスピードであっという間に手直しし編集長にわたした。

「どう?村岡くん」

2014-05-07_055609

「拝読しますね。う~ん、これは・・」

私じゃやっぱりダメだったのかな・・息を呑むはな。

「馬鹿でもわかりますね(^_^)」

「ば、馬鹿~?」

2014-05-07_055703
2014-05-07_055642
「あなたが馬鹿といったんじゃなくって・・非常にわかりやすい良い翻訳だなって」

「最上級のほめ言葉だよな。よしそれじゃ本格的に小間使い君にやってもらおう」

「てぇっ!!私?コピっと頑張ります!」

トントン拍子に翻訳デビューが決まりウキウキになるはな。そのことを真っ先に親友になった蓮子に伝えに行く。

2014-05-07_055759

「そう。小間使いから昇格してついに翻訳家デビューね(^_^)これからは男性に頼らず女性が生きていく時代がくるわ」

「ありがとう」

「連様の夢って何ですか?」

「私は、情熱的な恋愛をすることよ・・」

「いいですね~」

「わたしは、そうしたらいいか・・恋愛もしたいけど、仕事も楽しいし・・お母のように結婚もしたい」
2014-05-07_055813
「だったら・・両方やればいいじゃない?」

「・・・」

蓮子の言葉にハッとするはなだった。

その日の夕方、葉山伯爵が蓮子の元を訪ねてくる。

「縁談の話はことわったはずですけど・・」

「蓮子、縁談の話を受けて家を救ってくれ。頼む・・」

2014-05-07_060151

イツにない真剣な表情で頭を深々と下げる兄。その姿に戸惑う蓮子だった。

■花子とアン 出演 キャスト

吉高由里子,伊原剛志,室井滋,石橋蓮司,賀来賢人,黒木華,土屋太鳳,窪田正孝,ともさかりえ,浅田美代子,仲間由紀恵ほか

花子とアン,ネタバレ32話 画バレ

2014-05-07_055115 2014-05-07_0551392014-05-07_0553562014-05-07_055727 2014-05-07_0557482014-05-07_060000 2014-05-07_060031
2014-05-07_060118

花子とアン 32話 感想

せっかく心を開いた蓮子の元に、また何やら不穏な動きが…><

蓮子の史実の元になった女性を見ると、「白蓮事件」というものを起こしていて、これもうまくドラマの中でオマージュされるのなら、このお見合いの結末がどうなるのかが楽しみ半分不安半分…です。

また、富山の変化も嬉しいです!

ずっと頑なで、いつ代わるのかしら、笑顔になるのかしら…とやきもきしていたキャラクターの1人なので、富山に降ってきたロマンスの話に、明日も目が離せません!

歳をとってからの、一途な恋はやばそうです(汗)

2014-05-07_060108
【4/22感想】

教師陣の間でも、蓮子は扱いにくい存在なんですね…(やっぱり)

白鳥さんとのバトルも始まってしまいましたし、はなも世話係で巻き込まれて、どうなることやら。

そして、はなへしかけたちょっとした嘘をつくいたずら、これが大きな嵐を巻き起こしそうです。

あー!酔っぱらい!よっぱらいだ!!とほろ酔いになっていく吉高由里子の演技が上手で、朝から笑いながら見てしまいました。

これで退学になったりしませんよね…><

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top