あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレあらすじ 5週28話

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第5週28話
2014年5月1日(木)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ 28話 『波乱の大文学会

とうとう、ロミオとジュリエットのクライマックスまでの原稿が仕上がりました。

「この脚本に目を通してから、ジュリエットを演じるかどうか決めてください」

はなは、完成した原稿を蓮子に見せつけます。

 

しかし、これを見ていた醍醐ははなに詰め寄ります。

「どうして先に蓮子さんに原稿をお見せしたの。わたしより、蓮子さんのほうが好きなの」

「どっちが好きかなんて・・決められるわけないですよ。みんなで一緒にがんばりましょう」

「私は、はなさんとやりたいんです。葉山様は未だに稽古にもこないし・・」

2014-05-01_232447

2014-05-01_232520

「・・・」

「もういいです」

自分の気持が伝わらず、もどかしい醍醐。

「私で良かったら力になってもよろしくてよ?」

2014-05-01_232706

後からする声のほうを見てみるとそこには白鳥かおるこが立っていた。

「てぇっ!!」

はなにジュリエットを演じてほしいとまで言い出し、はなが困っているところに白鳥がやってきて、ジュリエット役を申し出ます。

呆然とする2人だったが・・先輩の申し出を断ることは出来なかった。

2014-05-01_2327442014-05-01_232806
気合は入っているものの、あまりにドレスが似合わない白鳥の姿に困り果ててしまう生徒たち。そこへ突然、蓮子がやって来ました。

「あなたはもう降りたんでしょ?」

「いいえ降りません!これからは稽古も真面目にちゃんとやります」

 

白鳥に言われた蓮子は反論し、はなのそばにやってくる。

2014-05-01_233014
「脚本全部読みました。正直感動いたしました。コレほどシェークスピアが面白いなんて思いもしなかった」

「あなた・・やっぱり翻訳だけは大したもんだわ」

「蓮子さん・・」

2014-05-01_233056

はなの脚本に胸を打たれた蓮子は、ジュリエット役を演じること、これからはまじめに稽古することを宣言するのでした。

「今更なによ。私たちを振り回さないで!」

そんな勝手な蓮子に醍醐は怒り心頭で怒鳴りつけるのだが、そこへブラックバーンと茂木がやってくる。

「やっと本気になりましたね(^_^)」

「では、たのみましたよ」

2014-05-01_233038

蓮子の姿を見て安心した茂木とブラックバーンは騒動を解決せずその場をさってしまう。校長に任されてはそれ以上醍醐も何も言えなくなってしまった。

それから人が変わったように蓮子は稽古に励み、芝居の形も整ってきました。

しかしはなはある時どうしても翻訳が納得行かないと、シェークスピアの台詞を書き換えたいと言い出す。醍醐にも理由を話すがピンと来ない様子。

2014-05-01_233456

「はなさんは結局何が言いたいの?」

醍醐やみなは時間がないと納得せず、はなはため息をつく。

しかし、はなの表情を見ていた蓮子は読み合わせの時、即興でその台詞を変えてみせる。はなの脚本を読み込んだ、蓮子だけは、はなの言いたいことを理解していたののだった。
2014-05-01_2336102014-05-01_233749
「蓮子さん・・・」

突然自分の思ったセリフが耳に聞こえ、はなは驚き笑顔になる。

「勝手に台詞をかえないで!」

醍醐はまたも怒るが、生徒たちはみなその方がいいと、そのシーンは蓮子が披露した即興の台詞に変えることになった。

はなと蓮子の距離が少しずつ縮まるのを感じ、嫉妬に近い感情を抱く醍醐だった。

2014-05-01_2338422014-05-01_233905

いっぽうで蓮子は、復讐の準備にも抜かりはなかった。筆をとり、ついに家族にあてて招待状を書いた。それは一見すると果たし状にも見えるものだった。

2014-05-01_234043

クラスメイト総出で衣装や舞台セットの準備も順調に行われ、とうとう「ロミオとジュリエット」を上演する大文学会の前日になったのです。

果たして蓮子の復讐は叶うのか?

■花子とアン 出演 キャスト
吉高由里子,伊原剛志,室井滋,石橋蓮司,賀来賢人,黒木華,土屋太鳳,窪田正孝,ともさかりえ,浅田美代子,仲間由紀恵ほか

花子とアン,ネタバレ28話 画バレ

2014-05-01_232530 2014-05-01_232543 2014-05-01_2326462014-05-01_232717
2014-05-01_232818 2014-05-01_232919 2014-05-01_2329282014-05-01_233143 2014-05-01_233204 2014-05-01_233231 2014-05-01_233238 2014-05-01_233308 2014-05-01_2333542014-05-01_2338142014-05-01_233924 2014-05-01_2340192014-05-01_234100

花子とアン28話 感想

完成した「ロミオとジュリエット」の脚本は、まるではなから蓮子への挑戦状ですね。でも、はなに心が通じてよかった!

白鳥さんのジュリエット姿は、すっごく楽しみでしたが、正直あんまり見るに耐えない感じだったので…笑

こういう、文化祭をみんなで準備するのは結束力も高まるいいエピソードですよね。

誰しも、感じたことがある高揚感ですよね。さて、いよいよ本番です!何も問題が起きず、無事演じきれるといいのですが…

【4/17感想】

最初の電車から、はなが浮いていたから心配してたのですが、やっぱり家の中では浮いてしまってますね。5年離れていただけでなく、全く別の世界の人になったみたいでしたもんね。

おとうがはなにだけやたら甘いから、長男吉太郎ははなにたいして嫉妬で冷たいのかと思っていましたが、安東家にはもっとのっぴきならない状況があったんですね。

注目していた黒木華ちゃん、可愛いなあ…こういう、素朴な役がすっごく似合いますね!

女工に行ってしまうみたいですが、今後も重要な役どころとして出てくれると嬉しいです。

渡せなかったクッキー、悲しいなあ…。

田舎から都会に出て、たまに帰省する人はみんな大なり小なり共感する話かもしれないです。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top