あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレ あらすじ 4週19話

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第4週19話
2014年4月21(月)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ 19話 『嵐を呼ぶ編入生』

1909年春。花子にとって運命の出会いがあります。

葉山蓮子という名の編入生が、女学校に編入学してきたのです。ただならぬ気品とオーラを放つ、美しい伯爵令嬢、蓮子。

女学校も、相部屋ではなく個室を用意して彼女を迎えるのでした。

2014-04-21_202516 2014-04-21_202525 2014-04-21_2026102014-04-21_202847 2014-04-21_202918 2014-04-21_203143 2014-04-21_203302

伯爵家育ちの蓮子は、クラスメートや先生たちを使用人のように扱い、個室に食事を運ばせるなど好き勝手に振る舞い始めます。

そんな蓮子の年齢は、みんなより年上の24歳。その年令で女学校に編入してきたのには、深いわけがあったのです。

 

自分のことを一切語らないなぞめいた蓮子に、クラスメートは興味津々。しかし、はなはひたすら英語の勉強に向かっていました。

その英語力はますますさえ、富山の授業の進め方に疑問を抱いていました。

 

ある日のこと、シェイクスピアのロミオとジュリエットの「愛」の場面について

はなが授業の進め方に異議を申し、「授業の進行を妨げるな」と拒否されます。

2014-04-21_203213

そこで、蓮子が与謝野晶子の歌を詠んではなを援護しますが、富山の怒りをかい、

2014-04-21_203316
「Go to Beーーーーd!」
の刑を言い渡されます。

蓮子は、これ幸いと教室を去るのでした。

2014-04-21_203335

■花子とアン 出演 キャスト
吉高由里子,伊原剛志,室井滋,石橋蓮司,賀来賢人,黒木華,土屋太鳳,窪田正孝,ともさかりえ,浅田美代子 ほか

※当ブログは放送前に公開された「花子とアン」のストーリーをもとにあらすじ編集公開しております。本編放送後に、花子とアンの「画バレ」も追加し可能な限り再編集を行っております。ご了承の上お楽しみください。

花子とアンネタバレその他画バレ

2014-04-21_2031042014-04-21_2031212014-04-21_203130
2014-04-21_202740
2014-04-21_202927
2014-04-21_2029422014-04-21_203006

花子とアン18話 感想

きたwwww!

番宣などでも重要キャストとして取り上げられて、いつ登場するか~と楽しみにしていた伯爵令嬢・蓮子!

いよいよ登場です((o(´∀`)o))ワクワク

年上の感じも、凛とした感じも、仲間由紀恵さんにはピッタリですね。

それにしても、はなは全然蓮子のことに興味が無いから、この後どうやって親友になるのかがとっても不思議です。

早く蓮子の秘密が私も知りたい…><

 

【4/8感想】

ミスブラックバーン校長の、「Go to Bed!!!」が怖い!!!!!私が怒られてるわけではないのに、思わずすくんでしまいました。

この女学校の教育制度、給費生に優しくなさすぎですよね><

 

聞いたこともない言葉、存在も知らない言葉でいきなり質問されても…というはなの気持ちがわかるので、いたたまれなくなってしまいます。

醍醐さんは、やっぱりいいとこのお嬢さん。英語分かるんですね(すごい)。

 

英語の先生が常に無表情で淡々としゃべる役作りなのが、取り付く島もなくて、いい具合に怖いです。

どこかで笑顔が見えるかなー。と楽しみにしてます。笑

 

今日のベストシーンは、言語矯正会・白鳥さんに対して、はなが「…うるせえずら」って心のなかで思うシーンです。

三輪様のナレーションが良かった!「ごきげんよ~さようなら・・(笑)」

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top