あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレ 3週14話

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第3週14話
2014年4月15(火)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ 14話 『初恋パルピテーション!』

はなは、孤児院のボランティア活動で、金沢の名家に生まれた帝大生・北澤と出会い、好意を寄せます。2014-04-15_142045
北澤は、流暢な英語で、心を閉ざしていた少女を笑顔にする魅力の持ち主で、さらに・・

「花子さんは英語の発音が実にきれいですね」

と、はなのことを「花子」と読んでくれる初めての人だったのです!はなにとって生まれて初めて感じるときめき、恋心でした。
2014-04-15_1420142014-04-15_142135
そんなある日、孤児院でクリスマス会を開催することが決まり、そこではなと北澤は「親指姫」の紙芝居を上演することになりました。

「親指姫は、父が最初に買ってきてくれた絵本なんです」

と、はなと北澤の会話は弾み、急激に、二人の距離は縮まっていきます。2014-04-15_1424222014-04-15_1424512014-04-15_1425232014-04-15_142538
「花子さんのお父さんはどんな仕事を・・?」

「・・・ぜ、全国、あ、あちこち飛び回ってます!」2014-04-15_142551
苦し紛れの花の言葉に、北澤はなぜかはなの英語が得意なのは父親が貿易会社を経営しているのではないかと勘違い。

「貿易の仕事で世界中を。忙しく飛び回ってるんですね~」

「はい、そ、そうです・・」

北澤に問われて思わず、はなは嘘を答えてしまうのでした。2014-04-15_142626

そしてとうとう、クリスマス会の当日がやってきました。

紙芝居は大成功。しかし浮かない顔のはな・・ミニーが沈んだ顔をしているのを気にかけていたのです。

2014-04-15_1429252014-04-15_142916

影から見つめるはなに、北澤が声をかける。

「あの子のために英語で紙芝居を・・」

「私もそう思ってたんです!」

2014-04-15_1429382014-04-15_143007
更に意気投合した2人は、あの少女ミニーのためだけに英語でも紙芝居をしてあげた。

孤児院で、紙芝居を無事に朗読し終えた二人は、一緒に寄宿舎まで帰ることになった。

いふいい気になったころ、門限のベルが・・。

2014-04-15_143046

「えっ?今、何時ですか・・?」

「5時ですけど。」

「てっ!てーへんだ!門限破っちまった!」

「北澤さん。ご、ごきげんよう・・」

北澤を置いて、慌てて走りだすはななのでした。

2014-04-15_143114

■花子とアン 出演 キャスト
吉高由里子,伊原剛志,室井滋,石橋蓮司,賀来賢人,黒木華,土屋太鳳,窪田正孝,ともさかりえ ほか

花子とアンネタバレその他画バレ

2014-04-15_142153 2014-04-15_142218 2014-04-15_142239 2014-04-15_142253 2014-04-15_142319 2014-04-15_142351 2014-04-15_142404 2014-04-15_142657 2014-04-15_142723 2014-04-15_142731 2014-04-15_142804 2014-04-15_142839 2014-04-15_142902 2014-04-15_143021 2014-04-15_143035

花子とアン14話 感想

「花子と呼んでくりょう!」という物語のスタートが、ここにきて活躍してきましたね。

ラブ展開がこれからとっても楽しみです。

好意を寄せ始めて、最初の共同作業(?)が、思い出の絵本を使ったものだなんて、ロマンチック!

今なら動画や音声なんて方法でムービー何でしょうが、なにもない頃って何でも時間が掛かるでしょ?

コレって愛がふかまるんですよね~♪コレは完全にラブでしょ?

2014-04-15_1421112014-04-15_142950

と思っていたら、危うい方向に話が進んできましたね・・・北澤よ、どうしてそうなる!!と思わず突っ込んでしまいました。

【4/2感想】
朝市くんの、葉っぱのお手紙にきゅんとしました。友達のおかげで仲直りできて、良かったね!!という気持ちでいっぱいです。

朝市くんの優しさ、夢にまで見た図書室で、思い切り本を読みます。それにしても、はなの子役は目をキラキラさせる演技が上手!

忍び込みといえば、お約束の見つかって逃走。朝市くんは、男らしく「俺のことは置いて逃げろ」といいます。

でも、暗闇の水の中で大丈夫だったのかな・・・気になる幕切れでした。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top