あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

あさが来た ネタバレ20週119話

NHK朝ドラマ「あさが来た」ネタバレ119話(20週)

2016年2月19日(金)放送予定分

「あさが来た」あらすじ【119話】

政界の大隈重信が、あさに協力に乗り出した
ことで、女子大学校設立への道は開かれたように見えた。

しかし、意気揚々とあさが大阪に戻って見ると

加野銀行が、ごった返していた。
「なんなんだす、何かおましたのか?」
「へえ‥じつは大変なんだす。」

あさが驚くと、平十郎が口を開いた。

「奥さんが、女子大学設立という何や
得体のしれない物に、金をつぎ込んでいる
いうて、世間でもっぱらの噂になってしもうて‥

それで、そんな危ない銀行には、大事な金を
預けられへんいうて、みんな取引をやめよう
と押し寄せて来て‥奥さん‥

利益の出ない商売は、道楽と同じだす。
女子大設立がいくら先行投資やいうても
世間は認めません。これは奥さんの道楽だす」

「そんな、道楽やなんて‥
何でだす。なにが得体の知れんものなんだす
今後のニッポンには必ず必要な‥」

「それでもダメなんだす。
銀行は信用が第一ですさかい‥

とにかく騒ぎが収まるまでしばらく
姉さんは、銀行には顔出さんといてください」

「・・・」

榮三郎からも釘を差されてしまうあさだった。

 


スポンサーリンク


あさは呆然とし、涙をこらえ居間にさがっていった。
その経緯を影で見ていた千代と宣。

あさに卒業後の進路の相談をするために千代は
宣を連れて大阪に戻ってきていたのだ。

「お母ちゃん、実は相談がありますねけど‥」

「ごめん千代‥お母ちゃんな、今それどこじゃ
おまへんねや。女子大のことと銀行のことで
もう頭いっぱいで、どないしてええか‥」

 

「せやけどウチも大事な話がありますのや
うちは、今話したいん出す!」

「かんにんな、千代。後にしてくれはりますか‥」

「お母ちゃんは、ウチより仕事のほうが
大事なんや。今日ようわかったわ、
もうええ!二度と相談なんかしいひん!」

「千代!!このひねくれ者!」

あさに叱られた千代は、
泣きながら部屋を出て行くのだった。

 

「あの‥‥」
「あなた、宣さん‥」

「きっと私が千代ちゃんに余計なこと言ったさかい‥
千代ちゃん、あないな事言ったんや思います。
どうか大目に見てやってください。」

宣に、これまでのいきさつを聞いて
あさは少し納得するのだった。

■あさが来た 20週 出演 キャスト

【今井家】父・忠興(升毅),母・梨江(寺島しのぶ),弟・久太郎(二宮輝生),うめ(友近),ふゆ(清原果耶)【加野屋】あさ(波留)白岡新次郎(玉木宏),長男・正太郎(正太郎),弟・榮三郎(桐山照史),母・よの(風吹ジュン),大番頭・雁助(山内圭哉),中番頭・亀助(三宅弘城),千代(鈴木梨央)山崎平十郎(辻本茂雄)美和(野々すみ花)【山王寺屋】眉山栄達(辰巳琢郎),眉山菊(萬田久子),眉山惣兵衛(柄本佑)今井はつ(宮﨑あおい),藍之助(森下大地),渋沢栄一(三宅裕司),成澤泉(瀬戸康史)

あさが来た 20週119話 【感想】

感想は後ほど追記します。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top