あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

あさが来た ネタバレ 12週69話

NHK朝ドラマ「あさが来た」ネタバレ69話(12週 )

2015年12月16日(水)放送予定分

「あさが来た」あらすじ【69話】

炭鉱にいたサトシが両替屋の松造であること、
そして松造の悲しい思い出や加野屋への恨みを
いただいているだろうとあさに初めて話す新次郎。

驚きを隠せないあさに、新次郎は静かに
話し始める。

「今まで松造のことを黙っていたせいで、
松造が爆薬を仕掛けるほどの炭鉱大事故を
招いてしもうた。

加野屋を窮地に追い込んだんは
ワテの責任なんだす」

新次郎は目に涙を浮かべながら、あさに詫びた。

 

一方で正吉は、榮三郎を呼んでいた。
「なんでなんだす‥」
「そろそろ、あんたにも話しておかなあきませんな‥」

榮三郎に新次郎と松造の過去を話して聞かせる正吉。

 

それは松造一家が倒産したあと大阪から
いなくなったこと、それで新次郎は家業を
嫌うようになったということだった。


スポンサーリンク





「あの時、仲の良い松造に人殺しや言われてな。
それからや、新次郎が家業を嫌うようになったんわ‥
そやさかい、深く傷ついた新次郎をワテは
分家に出したんや」
「そないなことが‥」

一歩で、その頃も相変わらず加野屋の近辺では
不審者を見たという情報がつきなかった。

 

不審者を恐れる警察を呼ぼうとするあさだったが
新次郎は不審者の出没し始めた時期と松造が
消えた時期が近いことからピンとくる。
(きっと不審者は松造や‥)

「松造の件だけは、ワテに任せてくれへんか」
「‥へい」

新次郎は警察の介入を慌てて止めにかかった。

 

ある晩あさは、眠りに付かない千代を
うめと家の外であやしていると。
思いも寄らない場面を見てしまう。

なんとそれは‥。

■あさが来た 12週 出演 キャスト

【今井家】今井あさ(鈴木梨央),今井はつ(守殿愛生・もりどのまなせ),父・忠興(升毅),母・梨江(寺島しのぶ),弟・久太郎(二宮輝生),うめ(友近),ふゆ(清原果耶)【加野屋】白岡新次郎(玉木宏),長男・正太郎(正太郎),弟・榮三郎(吉田八起)父・正吉(近藤正臣),母・よの(風吹ジュン),大番頭・雁助(山内圭哉),中番頭・亀助(三宅弘城),美和(野々すみ花)【山王寺屋】眉山栄達(辰巳琢郎),眉山菊(萬田久子),眉山惣兵衛(柄本佑)【薩摩藩士】五代友厚/才助(Dean Fujioka/ディーン・フジオカ)笑福亭鶴瓶

あさが来た 12週69話 【感想】

いつも冗談をおもしろおかしく話す新次郎にも、松造とのことで深い闇があることが明らかになりもしかしたらそのせいでいつものんきな部分を演じていたのではないだろうかと思いました。今後松造とのことで悩み苦しむ新次郎を見るのはつらいですが、あさと榮三郎と加野屋をもり立てていくような男性になっていくのか楽しみです。そして正吉の言葉で対立していたあさと榮三郎も元に戻っていきそうな気配がしてきました。素直な榮三郎もすこし大人になっていきそうな気がします。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top