あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

あさが来た ネタバレ 12週68話

NHK朝ドラマ「あさが来た」ネタバレ68話(12週 )

2015年12月15日(火)放送予定分

「あさが来た」あらすじ【68話】

あさ、新次郎、榮三郎はサトシが炭鉱から
いなくなったことを聞く。

そして亀助は神妙な面持ちで続ける‥
「それに炭鉱の復興も思ったように捗って無いようで
思っているより時間かかるかもしれまへん‥」

「そんなことならいっそ、炭鉱はもう手離したほうがええんかも‥」
「‥加野屋から今、大事な炭鉱を切り離すなんてありえまへん」
「このままやったら炭鉱の再建かて多額の費用も
かかりますし、手放すなら今のうちだす」
「・・・」

亀助の話に榮三郎からでた、思いもよらぬ本音に
あさは口論となり対立し黙りこんでしまう。

そんなある日のこと。
ふゆが血相変えて、慌てて店の中に駆け込んでくる。

「あささま、店の前に変な男がおるんです‥」
「変な男?どんな男だす?」
「何かこ~目付きの悪い‥店のほうをじっと見てて」

その後も、不審な男の姿は度々目撃されるようになる。


スポンサーリンク





さらに数日後、今度は九州にいる雁助から
炭鉱がどうなっているのか、再建の様子を書いた
手紙があさのもとに届いた。

手紙には雁助は炭鉱でもなじめるようになってきて
仕事もうまくまとまってきたことが書かれていた。

そして更には再建にどれくらいかかるのかが詳細に
書かれた見積もりも同封されており、あさは
これでなんとか目処がたつと一安心する。

しかし‥

手紙を読見進めるうち、みるみる表情が変わるあさ。
そこには衝撃的な事実が書かれていた。

あの炭鉱の爆発は、実は事故ではなく組頭のサトシが
爆薬を仕込んだ事件だったというのだ。

それを知った正吉、新三郎は一様に驚き
真っ青な顔で黙り込んでしまうのだった。
そして新次郎は意外な事実をあさに話す。

「実はな、サトシは加野屋を暖簾分けした後に
倒産した両替屋の息子で、松造いいますねん。

ワテが昔仲の良い幼馴染がいたって話、あんたに
してましたやろ?実は、それが松造なんや」

「サトシさんが・・・」
サトシが新次郎の知り合いでしかも、加野屋の
関係者の家族だったと知り、絶句するあさ。

「隠しててすまんかったな」
新次郎は、今まで事実を隠してきたことをあさに謝った。

■あさが来た 12週 出演 キャスト

【今井家】今井あさ(鈴木梨央),今井はつ(守殿愛生・もりどのまなせ),父・忠興(升毅),母・梨江(寺島しのぶ),弟・久太郎(二宮輝生),うめ(友近),ふゆ(清原果耶)【加野屋】白岡新次郎(玉木宏),長男・正太郎(正太郎),弟・榮三郎(吉田八起)父・正吉(近藤正臣),母・よの(風吹ジュン),大番頭・雁助(山内圭哉),中番頭・亀助(三宅弘城),美和(野々すみ花)【山王寺屋】眉山栄達(辰巳琢郎),眉山菊(萬田久子),眉山惣兵衛(柄本佑)【薩摩藩士】五代友厚/才助(Dean Fujioka/ディーン・フジオカ)笑福亭鶴瓶

あさが来た 12週68話 【感想】

あさと榮三郎の口論を終始無言のままの新次郎。
榮三郎の責められ、落ち込むあさに対しても声を
かける様子がないところを見ると松造が

炭鉱爆破事件を起こしたことでとても
落ち込んでいることが見て取れました‥

普段ののんきな性格から考えると新次郎の
落ち込みはかなり深いものだと感じます。
そして嫌がってたとおもいきや、

一度仕事に入ると九州の炭鉱をきっちりと
仕切る雁助。たのもしくてとっても素敵ですぅ~。

惚れなおしたかも^^

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top