あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

あさが来た ネタバレ 9週50話

NHK朝ドラマ「あさが来た」ネタバレ50話(9週 )

2015年11月24日(火)放送予定分

「あさが来た」あらすじ【50話】

その頃炭坑では、サトシたちが
問題になっていました。

『サトシたちは組の者たちから稼ぎの
上前をはねている』
『きっと採掘道具や酒を高く売りつけて
利益を得ている‥』

そんな話を度々耳にするようになっていた。

 

「間に入る納屋頭ばかりが儲けて、作業員の
暮らしは一向に楽にならんと言ってますが‥」
「え、そうなんどすか?そんなはず‥」

先についていた亀助が、あさに説明しました。
そこで、噂の真相を確かめようと急いで
宮部に問いただすあさ。

 

「こんな話聞いたんどすがホンマですか?
そうなら‥炭坑で起きているこの問題は
昔からなんどすか?」

「そうや、納屋頭のやり方は昔からの習慣やけんね」
「・・・」

 

「治郎作はん、今の話が本当だとしたら。
このままで良い思ってるんですか?」
「それは‥」
「いや、いいわけあらしまへん!
もっと炭坑を改革していきまへんか?」

「うーん、しかし‥」

渋る治郎作だったが、そんなことはお構いなし。
思い立ったら止まらないあさは、静止を聞かず
誰もが不満のない炭鉱の道を模索し始める。


スポンサーリンク





ある日、あさは炭坑のみなを集めて
自分の思いを正直に話ことにしました。

「うちは現場の皆さんに働いたらその分
ええ暮らしができる!そんな希望を持ってほしいんだす」

「そんなの今のままでは、無理に決まってるばい!」
「出来ると思います!そうや‥こうすればどうやろ?」

「石炭の採れ高に応じて加野屋が報酬を出します!
ほかにも採掘道具などをまとめて仕入れる‥」

 

一瞬、顔を見合わせる男衆だったが、
すぐさま声が上がる。

「そんなこと無理に決まっとるばい。
炭坑には炭坑の、今までのやり方があるけん」

提案も反対され、挙句の果てに
新次郎と約束していた三味線も聴きに
行くことができなかったあさはため息を漏らす。

 

「こうやって仕事に打ち込めば、打ちこむほど
旦那様と一緒におられなくなるのはわかってる。
うち‥やっぱり嫁、失格かもしれへん」

さすがの、あさも肩を落とし
悩んでしまうのでした。

一方その頃、はつは惣兵衛に今井家のもつ
和歌山の土地の話を切り出していた。

 

「それはありがたいことや!一家で和歌山でやり直せる
みんなで地に足つけてもういっぺん働こう」

惣兵衛は今までにないくらい喜びました。
しかし‥姑の菊だけは断固拒否する。

「うちは大阪一の山王寺屋だす。そんなもん
なんで和歌山みたいな否かに‥
和歌山なんか金輪際行かしません」

「何やて?せっかくの施しを‥何であんたは‥」

惣兵衛は、この状況でも変わらない
母親のわがままな態度に絶句する。

気持ちの伝わらない悔しさに
ぐっと拳を握りしめる惣兵衛だった。

■あさが来た 9週 出演 キャスト

【今井家】今井あさ(鈴木梨央),今井はつ(守殿愛生・もりどのまなせ),父・忠興(升毅),母・梨江(寺島しのぶ),祖父・忠政(林与一),弟・久太郎(二宮輝生),うめ(友近),ふゆ(清原果耶)【加野屋】白岡新次郎(玉木宏),長男・正太郎(正太郎),弟・榮三郎(吉田八起)父・正吉(近藤正臣),母・よの(風吹ジュン),大番頭・雁助(山内圭哉),中番頭・亀助(三宅弘城),美和(野々すみ花)【山王寺屋】眉山栄達(辰巳琢郎),眉山菊(萬田久子),眉山惣兵衛(柄本佑)【薩摩藩士】五代友厚/才助(Dean Fujioka/ディーン・フジオカ)笑福亭鶴瓶

あさが来た 9週50話 【感想】

鋭い目つきのサトシ
トラブルメーカーの匂いがプンプンしますね

彼の目つき昔の惣兵衛に似ている気がしませんか?
ここはあさの手腕の見せ所です

はつ一家も和歌山移住に苦戦中
ようやくやりたいことが見つかったのに
頑なに拒む菊?うまく説得できると良いのですが・・・

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top