あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

あさが来た ネタバレ 9週49話

NHK朝ドラマ「あさが来た」ネタバレ49話(9週 )

2015年11月23日(月)放送予定分

「あさが来た」あらすじ【49話】

明治6年。セミの音が聞こえいる。

あさの手腕により炭坑事業が上手くいき
加野屋の借金は少しずつ減っていました。

ある日、九州へ行く前にあさは寄合所に
友厚に会いに向かった。

 

「友厚さんは、ようけ鉱山経営してはるって
ききました。その後調子はどないですか?」
「今のところ、上手くいってます」
「実は、私にも、色々教えてほしいんだす鉱山のこ事^^」

目を輝かせ、男勝りに何でも物怖じせず
友厚に懇願するその姿を見て周りの
旦那衆たちが、あさをからかいだす。

「加野屋の四男坊」
「勇ましいお髭の若奥さん」

思わず含み笑いの友厚に対し、
あさはピンときていない。

「うち‥そんなに男みたいどすか?」
「そんなことないですよ。あなたは十分美しい」

友厚は落ち込むあさを気遣いました。


スポンサーリンク





しかし一方で、あさが頑張れば頑張るほど
新次郎との時間が持てなくなっていました。

それをよく思わなかったのは、よのだった。
よのは、正吉に思わず愚痴をこぼす。

 

「あさちゃんは色んな意味でもうちに
なくてはならん子なんだす。

せやさかい、もう家のことやら女の
やることをようけ求めたらあかん」

「そんなん‥新次郎が、あんまりにも
かわいそうや。あの子かて人並みに女らしい
お嫁さんもろて幸せになってええはずだす」

 

「まあまあ、落ち着きなはれ」

息子を不憫に思い悲しむよのを
正吉はなだめました。

そのやり取りを廊下で聞いていた新次郎は
浴衣の会で三味線を披露することを
あさに伝えました。

 

「ほな、九州のお仕事はよ終わらして帰ってこな」
「そんなおおげさなもんやあれへんのやで」

「いや、新次郎さんの三味線はえらい
美しいやないですか」

新次郎とのさりげないやり取りに幸せを
感じたあさは翌日九州へと出発しました。

■あさが来た 9週 出演 キャスト

【今井家】今井あさ(鈴木梨央),今井はつ(守殿愛生・もりどのまなせ),父・忠興(升毅),母・梨江(寺島しのぶ),祖父・忠政(林与一),弟・久太郎(二宮輝生),うめ(友近),ふゆ(清原果耶)【加野屋】白岡新次郎(玉木宏),長男・正太郎(正太郎),弟・榮三郎(吉田八起)父・正吉(近藤正臣),母・よの(風吹ジュン),大番頭・雁助(山内圭哉),中番頭・亀助(三宅弘城),美和(野々すみ花)【山王寺屋】眉山栄達(辰巳琢郎),眉山菊(萬田久子),眉山惣兵衛(柄本佑)【薩摩藩士】五代友厚/才助(Dean Fujioka/ディーン・フジオカ)笑福亭鶴瓶

あさが来た 8週49話 【感想】

惣兵衛もすっかりあさのこと
ジャジャ馬と呼ばなくなりました

そのかわり髭が生えるだなんていくら
男勝りに働いてるからってひどいですよね笑

未だに妾問題を引きずるよの。
新次郎を心配する気持ちはわかりますが、

幸せかどうか決めるのは新次郎本人
ここは温かい目で見守ってほしいところです・・・。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top