あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

あさが来た ネタバレ 8週45話

NHK朝ドラマ「あさが来た」ネタバレ45話(8週 )

2015年11月18日(水)放送予定分

「あさが来た」あらすじ【45話】

忠興の東京で銀行を始めるという話に
驚きを隠せないあさ。

そこへ忠興に銀行の事業を勧めた
張本人がやってきました。それは友厚でした。

 

「こんにちは^^」
「友厚さん、よ~きてくれはりました。で今日は?」
「いや、ちょっと別の用事がりましてな」

そう言うと友厚は、そのまま忠興に挨拶をする。
そのころ彼は財界人として、あさの父忠興とも
親交を深めていたのだった。

 

また一方で友厚はあさの弟久太郎には
日本のためにとアメリカ留学を進めていた。
久太郎もまんざらでもなく、その気になっていた。

「久太郎くんどうや?決心はついたか?」
「はい、やってみよう思います」

 

「そうか、よう決心してくれたな^^
若いもんがこれからの日本の為にも、
今のうち、アメリカにいってバンクについて
しっかり学んで欲しい思ってるんや」

「はい、ワテもいつか友厚さんみたいに
ビッグなお人になりたい思います!」

それを聞き、友厚は嬉しそうに微笑んだ。

 

すると今度はあさに炭鉱の話を切り出す友厚。

「あささんの方は、炭坑の調子はどうですか?」
「それが・・・お金が関係した商いが
どうもよく思えへんのです」

少し考えこむ素振りを見せる友厚だったが。


スポンサーリンク





「なるほど、それだったら‥

加野屋も銀行始めたらどうですか?」
「何でです?銀行も両替屋と変わらんと違います?」

 

「志のある人を支援する。金で人を救うのがバンク、
それが銀行なんです。

志あるものが増えれば人や町が活気づく。
私がしたいのはそういうことなんです」

「そうだすな‥。それができたら確かに、
すごいことですやん!」
あさは目を輝かせて感激しました。

 

「それでは、そろそろ失礼します」
「え、もう帰らはるんだすか?
あっ‥そうそう、もうこれも必要ないのでお返しします」

あさはそう言うと、例のピストルを差し出します。

 

「・・・」
「西洋帰りの人は女子に親切なことだすなぁ~」
「誰にでもというわけではありません。それではグッバイ」

 

少し複雑そうに微笑んだ友厚は、その場を後にする。
その後あさとはつは、正吉、新次郎と一緒に
大阪に帰ることになりました。

■あさが来た 8週 出演 キャスト

【今井家】今井あさ(鈴木梨央),今井はつ(守殿愛生・もりどのまなせ),父・忠興(升毅),母・梨江(寺島しのぶ),祖父・忠政(林与一),弟・久太郎(二宮輝生),うめ(友近),ふゆ(清原果耶)【加野屋】白岡新次郎(玉木宏),長男・正太郎(正太郎),弟・榮三郎(吉田八起)父・正吉(近藤正臣),母・よの(風吹ジュン),大番頭・雁助(山内圭哉),中番頭・亀助(三宅弘城),美和(野々すみ花)【山王寺屋】眉山栄達(辰巳琢郎),眉山菊(萬田久子),眉山惣兵衛(柄本佑)【薩摩藩士】五代友厚/才助(Dean Fujioka/ディーン・フジオカ)笑福亭鶴瓶

あさが来た 8週45話 【感想】

あさに友厚が言った言葉
「人を救うことができるのもお金」
「志がある人を応援するのが銀行」

銀行事業にイマイチ納得できず、
金貸し業に迷いがある彼女にとっては
新たな考え方だったのではないでしょうか

そして友厚の「誰にでも親切にするわけではない」
というちょっとドキッとする一言

もしかしてあさのこと好きだったりするのかな?
と思ってしまいました

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top