あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

あさが来た ネタバレ 6週32話

NHK朝ドラマ「あさが来た」ネタバレ32話(6週 )

2015年11月3日(火)放送予定分

「あさが来た」あらすじ【32話】

惣次郎が居なくなったため、はつの元に通い
身の回りの世話をするようになったあさ。

新次郎と上手く行っていない自分と比べて
はつは落ち着いていました。

 

そんなある日、忠興が加野屋にやってきました。
「お父はん!急にどないしたん?」
「実は‥近々東京に引っ越すことが決まったんや」
「偉い急なことどすな‥」

新政府御用達になった今井家は、
日本経済の中心を担う大きな会社へと
成長を遂げていたのです。

 

「お前、炭坑を買おうと思っとるんやて?
旦那さんの世話もせんと、また余計なことばっかり
考えよって‥

お前は昔とちっとも変わってないやないか!
このあほ娘が!」

「スンマヘン‥」


スポンサーリンク





「まあまあ‥ウチはあさチャンのおかげて

助かってまんねや^^」

あさが九州へ行こうとしていることを知り
正吉やよのの前であさを叱りつけました。

そして忠興と正吉は二人きりで
あさについて話しています。

 

「ほんまにうちの娘は嫁失格や・・・
父親として不甲斐ない」

「気にせんといてください。
あささんは加野屋のために尽力してくれとる。
こちらかて助けられてるんや」

「ほんま、申し訳ありまへん」

その後忠興とあさはうめを伴い、
はつの様子を見に行くことにしました。

 

「お姉ちゃんこうやって農作業して暮らしてるんよ」

木陰からこっそり見守る3人。
栄達が身重のはつを優しく
気遣っている姿が見え安心します。

 

「たとえ惣兵衛さんが帰ってこなくても
お腹の子は大事な山王寺屋の跡継ぎです。
私がなんとしてでも大事に育てますよってな」

はつは懸命に嫁としての使命を
全うしようとしていました。

■あさが来た 6週 出演 キャスト

【今井家】今井あさ(鈴木梨央),今井はつ(守殿愛生・もりどのまなせ),父・忠興(升毅),母・梨江(寺島しのぶ),祖父・忠政(林与一),弟・久太郎(二宮輝生),うめ(友近),ふゆ(清原果耶)【加野屋】白岡新次郎(玉木宏),長男・正太郎(正太郎),弟・榮三郎(吉田八起)父・正吉(近藤正臣),母・よの(風吹ジュン),大番頭・雁助(山内圭哉),中番頭・亀助(三宅弘城),美和(野々すみ花)【山王寺屋】眉山栄達(辰巳琢郎),眉山菊(萬田久子),眉山惣兵衛(柄本佑)【薩摩藩士】五代友厚/才助(Dean Fujioka/ディーン・フジオカ)笑福亭鶴瓶

あさが来た 6週32話 【感想】

大人になったのにおいどを叩かれるあさ(笑)
「おいどはご無事どすか?」
新次郎とのやりとりも懐かしく感じます。

栄達と忠興が言葉なく見つめ合うシーン
「娘をよろしくお願いします」
「こちらこそ。不甲斐なくて申し訳ない」
セリフこそなかったのですが、
こんなやり取りかなと両者の思いを想像し泣きそうになりました。

会わずに去った忠興の親心。見守るのも愛ですね。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top