あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

あさが来た ネタバレ 7週【37話,38話,39話,40話,41話,42話】

NHK朝ドラマ「あさが来た」ネタバレ(7週)

2015年11月9日(月)~11月14日(土)放送予定分

「あさが来た」あらすじ7週【37話,38話,39話,40話,41話,42話】

はるばる九州に着いたあさ達を
待ち受けていたのは屈強な山の男たちでした。

「おなごと話す気ぃはなか」
「石炭で儲けたかだけやろうが」
「新参者のくせに何がわかるったい」

あさの話になど、聞く耳など持ちません。

「ここは自ら炭坑に入って談判するしかあらへんわ!」
そう言うと、あさは驚く行動に出る。
しばらく炭坑で彼らと一緒に働くと言い出した。

その頃大阪。
はつが住む納屋をよのが訪ねていた。
よのは、跡取りと言うことも合って
はつの息子・藍之助を溺愛していたのだ。

「あんたさえよかったら、この子連れて
うちで暮らしてもうてもええんやけどな‥」
「そんな、気い遣わせてしもても、悪おすから‥」
「そうか‥」

(可愛げのない‥私がさそってあげとんのに‥)
「ほな、ウチは帰つよってに‥」
ちょっと不満気な表情を浮かべ、よのが
納屋を後にすると、見計らったように
友厚が知らせを持ってやってくる。

「寄合所で山王寺屋の若旦那を見たという噂をきいた」
「初めて会うのに、何でウチなんかに
こんな親切にしてくれはるんです?」

「‥そのわけは、あささんに後で聞いてくだい」
「あさに?」

そう告げると、彼はその場を
立ち去りました。


スポンサーリンク





その頃あさは‥

「新次郎さんがいてくれたら‥」
炭坑へきてから十日が経ちあさに
疲れが見えだす。

新次郎が側にいないことに心細さを
感じていたあさ。

中々働こうとせず一筋縄ではいかない
炭坑の男たちに、とうとう
堪忍袋の緒が切れたあさが男にブチ切れる。

「女子いうて舐めたらあきまへんで。
男女関係なくお互い助けおうて、ええ世の中
つくらんでどないすんねん。この石頭!」
「なんや!おなごのくせに生意気じゃ!」

「バーン!!」
「うわぁwwww」

2人がもみ合っていると、あさの襟元から
ピストルが落ち弾みで爆発してしまいます。
それは、あさが九州へ出発すいる時に
友厚からもらったものだった。
「あなた方がなんぼ脅さはっても
うちは絶対に負けしまへん!
うちは何がなんでもこの炭坑を成功させる
気持ちで大阪から来たんどす!」
「わ、わかったからそれを‥」

あさは脅したつもりはなかったが
ピストルに恐れをなした彼らは
態度を変え翌日から働くと伝えてきた。

そんな折あさを心配した新次郎が
駕籠に乗ってやってきました。
あさを含め、自ら炭坑へ向かった
新次郎に家族一同驚きを隠せません。

大阪ではようやくはつが惣兵衛を見つけ出す。
そして2人はゆっくり話し合いました。

「ワシはセカセカした金貸しなんかより
こっちのほうが性におうてんねん」
「フフ‥そうなん?実は‥」

以前の暮らしよりも農作業や行商する方が
幸せだったと言い出す惣兵衛。
惣兵衛をの本音を聞き、自分の考え方に
ちかい素の惣兵衛に嬉しくなるはつだった。

九州では新次郎に今までの経緯を話すあさ。

「強くないうんは、武器持つことか?
そうやないやろ」

「でもわざとやないんよ‥はずみで‥」
「弾みでもや‥」
「そうや‥ね。反省してます‥」
「訳を伝えてちゃんと誤たほうがええ」

新次郎にそう諭されるあさは改て
その人間の大きさに感謝したあさだった。

炭坑の男たちにピストルで脅すような
形になってしまったことを詫びた。

「これからはあなた方一人一人が、
新しい日本をつくっているという
誇りを持って働いてください
九州の筑前から日本を支えてください」
「よしわしらもがんばっるたい」

一部納得出来ない人もいましたが
大半の男たちはうなずきました。

そこであさは相撲をとって彼らを
納得させる作戦にでたのです・・・。

炭坑での仕事をどうにか軌道にのせた
あさは新次郎の大切さに改めて気づきます。

「うちは旦那様がいてくれてはるさかい働けるんです。
旦那様さえよかったら、これからは一緒に加野屋を‥」

あさがそう言いかけた時、新次郎が昔の話を始める。
新次郎は、商いに前向きになれない本当の理由を
あさに語り始めたのだった。

あさが来た7週【感想】

※ あさが来た 7週の感想は、放送終了後に追記します^^

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top