あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

まれ ネタバレ 22週 131話

NHK朝ドラマ「まれ」ネタバレ131話(22週)

2015年8月27日(金)放送予定分

「まれ」あらすじ【131話】

希のケーキ店の常連・朝子から入った特注
ケーキを作るため、厨房に入った希。
久しぶりの厨房での作業に表情は生き生き
と輝いていました。

「よし!できた!」
ケーキは無事完成。ケーキを受け取った
朝子は大喜びで帰ってゆきました。
ところが、家に帰った希を待ち構えて
いたのは途方に暮れた圭太でした。

 

「どうしたの?」
「歩実がご飯を食べないんだ」
「え?そんなはず‥」

歩実は見るからに元気がありません。
(なんかおかしい‥)
思い立ったように、歩実のおでこを
触ってみる希。
「歩実、すごい熱やわいね。とにかく
病院に行ってくる!」

 

歩実は熱を出していたのです。
あわてて病院に連れてゆくまれと圭太。

「風邪のようやね。安静にすればもう大丈夫」
「ほうけ‥良かった‥」

ほっと胸をなで下ろす圭太と希でした。
同時に2人はそれぞれに歩実の体調を
崩してしまった事を深く反省する。

 

「ちゃんと面倒を見てやれなくてごめん」
謝る圭太に、希も頭を下げていいました。

「うちの方こそごめん。やっぱり仕事をし
ている場合じゃなかったわいね…」

翌日、その話を聞いて、歩実の様子を
見に来た藍子。様子を見て一安心するが

その横で、この一件で落ち込んで自信を
なくしてしまっている稀にいつもの
元気がない事に気付く。

 

「お母さんがそんなにしょげ返って
どうするげんろ!子供が熱を出すのは
当たり前。

そんなことでいちいち落ち込んでいる
くらいなら、いっそケーキ店なんて、
辞めてしまいなさい!」

 

そして、心配して駆けつけて来た文も言いました。

「仕事をしながら2人の子育てをちゃする
ということは、並大抵の覚悟じゃ、やって
ゆかれんわいね。

一番大事な事は、子供に、自分が仕事の
犠牲になっていると言う事をちゃ
感じさせないことやわいね…」

二人の母の言葉に、自分の親としての
本当の甘さに気付かされる稀なのだった‥


スポンサーリンク




■まれ22週 出演 キャスト
津村希(土屋太鳳),津村徹(大泉洋),津村藍子(常盤貴子),津村一徹(葉山奨之),桶作元治(田中泯),桶作文(田中裕子),蔵本浩一(篠井英介),寺岡真人(塚地武雅),角慎一郎(ガッツ石松),蔵本はる(鈴木砂羽),寺岡久美(ふせえり),小原マキ(中川翔子),紺谷弥太郎(中村敦夫),紺谷博之(板尾創路),紺谷圭太(山崎賢人),蔵本一子(清水富美加),寺岡みのり(門脇麦),角洋一郎(高畑裕太),二木高志(渡辺大知)

■まれ横浜編追加キャスト
池畑大悟(小日向文世),池畑輪子(りょう),池畑大輔(柳楽優弥),池畑美南(中村ゆりか),浅井和也(鈴木拓),矢野陶子(柊子),珍文棋(孫成順),植田弥生(福田彩乃)

まれ 22週131話【感想】

今時は、子供は健康で丈夫に育って当たり
前、という風潮が災いしてか、もし仮にそ
の子供がほんのちょっとでも体調を崩した
りしてしまうと、すべて親の監督不行き届
きであるかのような見方をされるようにな
ってしまいました。
今日の回はまさしくそんな現代の子育てを
巡る状況を良く表していましたね。
圭太と希はそれぞれの立場から親として自
分立ち退いたらなさを責め、周りの人々は
その状況をそれぞれの立場から意見してい
ました。
まず「女子会」では、当世の女子達が女性
の人生における「育児というリスク」につ
いて語ります。分かりやすいのはやはり一
子のコラムですね。とかく現代の女子は仕
事も育児もと欲張り過ぎ…というのはなか
なかするどいご意見。それに対し、みのり
は希は何事にも全力投球だからと、そうし
た女性達は全方位に向けてがんばり過ぎて
いるのではないかと控えめに発言。そして
女子会になぜか参加しているご老人・元治
はノーコメント(意見を持っていないとい
うことですね)。
文はかつて子育てをしていた立場から、現
代の女性が自己実現のために働いている側
面がある事を鋭く指摘します。生活のため
に働くというのなら仕方がない面もあろう
が、その必要がないのにわざわざ借金して
まで起業しようとするのはなぜ?とまる
で、画面を通して主婦の起業家達に問いか
けているかのようです。
そして、圭太は、「やっぱり希を働かせる
べきじゃなかった」といささか筋違いな反
省をしていましたが、一徹のアドバイスが
効いたのか、真の問題はちゃんとしたサポ
ート体勢を築けなかった事にある、と気が
ついたようす。ホワイトボードやらバウン
サーやらを導入して、塗師屋の皆(つまり
周囲の人々みんなということですね)で協
力して子供の面倒を見てはどうかと言うプ
ランを提案。
そして、「子供を育てながら店を続けるの
はどだい無理な話なんじゃないがけ…」
と、命を預かる母親という重圧に負けそう
になっている希の背中をやさしく押してあ
げる事に成功。ようやく店の張り紙に『明
日から営業再開』の文字が!!
…というわけで、長い1週間でしたが、今
日は現代日本の子育て環境についてのテー
マがぎゅっと凝縮された、なんだかんだで
良い回だったとおもいました。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top