あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

まれ ネタバレ 27話 5週

NHK朝ドラマ「まれ」ネタバレ27話(第5週)

2015年4月29日(水)放送予定分

「まれ」あらすじ【27話】

東京で大学に通いながらバンド活動をして
いる高志が久しぶりに能登に帰って来まし
た。

 

サロン「はる」で演奏を披露するという
高志を囲んで、久しぶりに仲良し同級生
6人が集合。お互いに近況を報告しあう。
希が先陣切って話し始める。

 

「うちは市役所で輪島に移住する人のお世
話。こないだも、漆職人になりたいちゅう
人がおって、圭太にも協力してもろとるげ
んよ」

「さすが塗師屋の孫。特別扱いでもされるんけ」

と、ちゃかすみのり。

 

「逆わいえ。親方かって孫に甘いちゅて思
われるんが嫌なんか、…わざと厳しくする
し。半年たつがに、まだ漆塗らしてもろう
とらんさかな。雑用ばーかしで‥」

 

皆が和気あいあいと話す中、一人顔を曇ら
せている一子。そんな一子を気遣う面々。

 

「一子はどげんね?やっぱり東京け?」
「・・・」

 

「あ‥一子も、夢はもちろんあきらめと
らんげよ。今はじっくりオーディション
ちゃ選んどるところやさけ^^」

圭太が助け舟を出します。すると一子も

「…うん。もう、候補はいくつか決めとる
し」
「ほーけ‥やっぱりな^^」

答える一子に、皆その場では納得する。

 

 

翌日希が職場、産業振興課につくと
裕子がとんでもないうわさ話をしていました。

それは、塗師屋の八島が今までの輪島塗の
やり方を変えて、大量生産する、と言い出
したいうものでした。

 

 

「何でも革新的な何とかっちゅうて‥」
「なんで急に、職人がほんなこと…?」

と不思議がる新谷。

「ほれが、東京から来た経営コンサルタン
トにアドバイスされたちゅうて」

 

裕子の話では、なんとツアーに参加した
安西が、実は経営コンサルタントで、八島
をそそのかしていたというのだ。
慌てたのは希だった。

 

 

「安西さんが皆をだましていた?
ほんな事ないがいえ!あれがお芝居だった
なんて、そんな事‥」

少なからず安西に心を許していた希は
信じられないとばかりにあわてて塗師屋
「紺屋弥太郎」へ走るのでした。

 

 

■まれ 5週 出演 キャスト
津村希(土屋太鳳),津村徹(大泉洋),津村藍子(常盤貴子),津村一徹(葉山奨之),桶作元治(田中泯),桶作文(田中裕子),蔵本浩一(篠井英介),寺岡真人(塚地武雅),角慎一郎(ガッツ石松),蔵本はる(鈴木砂羽),寺岡久美(ふせえり),小原マキ(中川翔子),紺谷弥太郎(中村敦夫),紺谷博之(板尾創路),紺谷圭太(山崎賢人),蔵本一子(清水富美加),寺岡みのり(門脇麦),角洋一郎(高畑裕太),二木高志(渡辺大知)

 


スポンサーリンク
 

まれ 5週27話【感想】

今日は安西の引き起こした騒動はまだ収ま
らない様子。というのも、安西の言う事に
も一理ある事が理由のようです。

「世の中、正論だけじゃやっていけないか
ら」という言葉には自分が悪者になってで
も世の中を変えたいという、安西なりの信
念を感じました。

 

…確かに輪島塗りは伝統もあるし、塗師屋
に弟子入りして伝統を受け継ぐからこそ技
が守り伝えられて来たもの。

そして、2002年と言うと、ちょうど百円
ショップが流行していた頃ですよね。当時
を思い出すと、なんでも百円で買えると
言うのは、本当に驚きでした。

 

そういった「とっても安くて質もそこそこ
」のものと本物だけど高価な輪島塗りが
勝負するには、多少、クオリティーを下げ
てでも、「お手頃な価格」にする…
と言う考え方は確かにアリ…。

でも、そんな安西にガツンと決めたあの言葉‥

「ほやけどな、何がどうなろうと正論をち
ゃ守り通さなならんこともある。ほうでな
ければ、世界に売り出す前に輪島塗りは終
わる」

弥太郎かっこ良すぎwww
職人ならでは!なにもない頃の技術を
そのまま受け継ぐ伝統産業はもともと
採算が合うわけはなからね。

 

一般の人間とは違う時間、昔の人が見た
ゆっくりとした時間の流れの中で生きて
るんだから‥

伝統を現代に残すのは、並大抵じゃ
出来ない。弥太郎は塗師屋のあるじとして
安西のような考え方を簡単に認める訳には
いかない。それがよくわかりました。

 

それにしても圭太はどうなっちゃうんだろ
う…まさか本当に破門されちゃうなんてこ
とは無いだろうけど…。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top