あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

まれ ネタバレ 8話 2週

NHK朝ドラマ「まれ」ネタバレ8話(第2週)

2015年4月7日(火)放送予定分

「まれ」あらすじ【8話】

ある日、友人の一子と輪島の朝市を歩いて
いた希は、輪島塗の露店でふと足を止めま
す。露店で売ってるお椀を手に取りその出
来映えの素晴らしさに魅せられます。

 

ところが、値段を見てびっくり!なんと3
万円もすると言うのです!
そんな希の様子を見た若い店番が言い放ち
ます。

「輪島塗の価値も知らんとって高え高えて
騒いどるもんには、宝の持ち腐れわいえ」

 

見ると、その若い店番は、金沢に引っ越し
て行った圭太でした!父親の転勤で金沢に
引っ越していた圭太は輪島に戻ってきてい
たのです。

 

再会を喜ぶ希達。そして、高校生活の思い
でづくりに「輪島大祭」で一緒にキリコを
担ごう!と約束します。

 

そして、祭り好きの元治も交えて、皆でキ
リコの様子を見に圭太の祖父・紺谷弥太郎
の輪島塗の工房、「塗師屋」に足を運びま
す。

そこで出迎えた弥太郎は元治とは幼な
じみ。いわば竹馬の友にして犬猿の仲。早
速お決まりの丁々発止のやり取りが始まり
ます。

 

一方希は、圭太の案内で輪島塗の塗師の仕
事場を見学させてもらっていました。

「漆を何重にも塗り重ねて、時間をかけて仕上げてゆくんだ」

圭太に輪島塗の世界の奥深さを教えられる
希。

 

輪島塗の「地道にこつこつと仕上げて
ゆく」作業に支えられた伝統は、希の目に
はとても魅力的に映るのでした。

 

■まれ 2週 出演 キャスト
津村希(土屋太鳳),津村徹(大泉洋),津村藍子(常盤貴子),津村一徹(葉山奨之),桶作元治(田中泯),桶作文(田中裕子),蔵本浩一(篠井英介),寺岡真人(塚地武雅),角慎一郎(ガッツ石松),蔵本はる(鈴木砂羽),寺岡久美(ふせえり),小原マキ(中川翔子),紺谷弥太郎(中村敦夫),紺谷博之(板尾創路),紺谷圭太(山崎賢人),蔵本一子(清水富美加),寺岡みのり(門脇麦),角洋一郎(高畑裕太),二木高志(渡辺大知)

 


スポンサーリンク


 

まれ 2週8話【感想】

今日は、能登に戻って来た圭太に案内され
て希が漆塗りの工房、塗師屋(ぬしや)を
案内してもらっていましたが、漆塗りにつ
いての解説は勉強になりますね。

 

なんども塗り重ねて「地道にコツコツ」
仕上げてゆくことで驚異的な耐久性が
生まれるんですね~。

 

キリコ祭りについてもすこし触れていまし
たが、素敵なお祭りのようですね。そして
キリコには漆が塗ってあるとのこと。
物語にどう関わってくるのかな?

それはそうと、元治と弥太郎を翻弄した
「魔性の女」って誰なんだろう…?

 

艶っぽい感じの弥太郎と頑固一徹の元治が
好対照で、2人の若い頃の話をもっと
知りたくなりました。
それから徹がついに輪島に戻って来た様子。

 

東京で一山当てたのなら良いのですが…
という感じでもなさそう^^;
これは藍子さんが知ったらまたひと騒動
起きそうな予感!

 

ところで希はお菓子ノートを何冊も作って
いると言う話でしたが、能登に移住してか
らもずっとお菓子作りをつづけていたとい
うことですね。それに、希のシュークリー
ムは本当においしそう…。

これだけの腕はあれば、早くお菓子職人を
目指しちゃえばいいのに!
と思ってしまいます。

 

でも当の本人はその夢を追う事を頑に拒ん
でいる様子。さっそく圭太とぶつかって
いますね。

でも「塗師屋弥太郎」の孫である圭太の輪
島塗りに対する想いと、極貧生活で苦労し
て来た希とでは、考えに違いがあるのも当然。

 

これからその考えが、何をきっかけに
どんな風に変わってゆくのか、気になる所

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top