あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

まれ ネタバレ 1話 1週

NHK朝ドラマ「まれ」ネタバレ 1話(第1週)

2015年3月30日(月)放送予定分

「まれ」あらすじ【1話】

小学5年生の夏、ヒロインの津村希は両親と弟とともに能登半島の片隅にある小さな漁村・外浦(そとら)村に引っ越して来ました。夢を追うばかりで定職に就けない父・徹が事業に失敗して自己破産。一家は夜逃げ同然に外浦村にやって来たのです。夢追い人の徹は、娘が大きな夢を持つように「希(まれ)」と名付けたものの、当のまれは徹を反面教師にして育ち、堅実を極めた子供に育っていました。津村一家が住む予定にしていた新居に着くと家主の事情が変わり入居拒否。やむなく津村一家は旅館を改築した文の家で居候することになるのでした。

引用:「朝ドラプラス」様より
http://hublog.net/21152.html

 

 


スポンサーリンク


 ※あらすじは再度完成後、更に追記します。

 

■まれ 1週 出演 キャスト
津村希(土屋太鳳),津村徹(大泉洋),津村藍子(常盤貴子),津村一徹(葉山奨之),桶作元治(田中泯),桶作文(田中裕子),蔵本浩一(篠井英介),寺岡真人(塚地武雅),角慎一郎(ガッツ石松),蔵本はる(鈴木砂羽),寺岡久美(ふせえり),小原マキ(中川翔子),紺谷弥太郎(中村敦夫),紺谷博之(板尾創路),紺谷圭太(山崎賢人),蔵本一子(清水富美加),寺岡みのり(門脇麦),角洋一郎(高畑裕太),二木高志(渡辺大知)

まれ 1週1話【感想】

さて、いよいよ連続テレビ小説「まれ」が
スタートしましたね!

 

タイトルは「まれ」ですが、役としての
名前は「津村稀」。「希」なんて、普通、
あまり見かけない名前と思いますが、
そこには物語の根幹に関わる深い意味が
込められている様子。

 

早速辞典でしらべてみたところ、希(まれ
)とは、「めったにない、とてもめずらし
いこと」とありました。

めったにないというと、例えば天気でいう
なら、真夏の雪とか、お天気雨とか、虹
とか?…そういった「吉兆、おめでたい事
」をイメージして付けられた名前なの?
そして、この名前は誰が付けてくれたのかな?

名付けた人の想いが垣間見えてくるような
名前ですね。

公式のHPによると、その名付け親は希の父
・徹…

ところが、その父の願いとは裏腹に
、「地道でコツコツ」と生きる事をモット
ーにしているとありました。

 

こんなに素敵な名前をつけてもらったのに
一体どうしてそんな性格になってしまった
のかとても気になります。

そして、1話目にして、個人的にこのドラマ
は、なんとも朝ドラの主人公らしからぬ
生真面目な性格の主人公が成長する中で関
わってゆく人々に、どんな風に

「まれなこと」=「魔法」

 

を引き起こしてゆくのか?!という感じの
お話になってゆくのかな、と大胆に予想
しておきます。

また、個人的にはこの「まれという名前に
はもう1つ意味が込められているのでは
ないかと考えています。というのも、
「まれ」を英語で書くと「mare」、
これってラテン語語で「海」を表す言葉
なのだとか。海、と言えば、希が暮らす事
になる能登の美しい海が思い浮かびます。

 

オープニングの砂浜で躍る土屋太鳳さんの
イメージとも相まって、おそらく物語で
重要な役目を果たすのではないかと…。

今週は希の子ども時代と言う事で、子役の
松本来夢ちゃんが希役として登場。

マッシュルームカットが初々しくて可愛らしい!

 

物語の設定では、時は1994年、希は小学校
5年生とのこと。物語は、いきなり能登に
引越、それも夜逃げ同然というのっぴき
ならない感じのスタートです。

まだ、第1話ですが、目の離せない展開
ですね!1話目から大荷物を持って家族が
路頭に迷うなんて前代未聞です。

取りあえず落ち着き先が決まって良かった^^

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top