あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

マッサン ネタバレ 140話 24週

NHK朝ドラマ「マッサン」ネタバレ 140話(第24週)

2015年3月17日(火)放送予定分

 マッサン あらすじ【140話】

戦後3年が経ち、マッサンの姉、千加子の
息子、悟がシベリアから復員しました。

事前に千加子とやりとりしていたとおり、
マッサンは悟をウイスキー工場で働かせる
ことにしました。

「おう、悟。…大きゅうなったのう。無事
に戻れて、良かった…」
「…宜しくお願いします」

進の相談を受け、身寄りのない人たちを
住み込みで雇うことにしたマッサンは、
身内の悟にも一緒に住み込みで働かせる
ことにしました。

ぱっと見は元気そうに見える悟でしたが、
夜ごとうなされる日々が続いていました。
シベリアでの過酷な経験は、悟の心に
トラウマを植え付けていました。

日本に戻ってなお、時折襲い来るつらい
経験のフラッシュバックに、悟は来る日も
来る日も苦しんでいたのです。

 


スポンサーリンク


 

そんな様子に気づいたマッサンやエマ
エリー。一家の温かい心が悟にも届き、
次第に笑顔も戻り、前を向くことが出来る
ようになっていった。

 

その頃、エマには大きなチャンスが舞い
込んでいました。ある日大声をあげエマが
帰ってくる。

 

「お父さん、お母さん。実は私、事務所で
通訳になることを進められているの。もし
試験に受かったら、アメリカにわたって
通訳として働かないかと誘われているんだ
けど、アメリカなんて‥て迷ってて‥」

 

戦争で一馬を殺したアメリカ、父母を
苦しめ続けた国。そんな思いからエマは
少し躊躇していた。

「ふたりはどう思う?」

 

「おお、エマ。もう時代は変わった‥
それは素晴らしいことよ。過去に縛られる
そんな時代じゃないわ。女性も働く時代
になったのよ」

 

「昔から、広い世界を見てみたいと言って
たじゃない。これはチャンスよ
”Life is Adventures”挑戦してみなさい^^」

 

「そうじゃ、わしもエリーと同じ気持じゃ」
「お父さん、お母さん、いつも応援して
くれてありがとう。私、頑張ってみる」

マッサンとエリーに強く進められ、背中を
押されたエマは、迷いが吹っ切れる。

 

「でも、通訳になれるかどうかは、進駐軍
の事務所で面接があるのよ‥お母さん、私
の英語の先生になってくれない?」

「オー、もちろんよ、エマ^^」

 

そして‥

エリーとの猛特訓を終えたエマの、運命の
幕が切って落とされた。

その日、エマは緊張した面持ちで、面接室
へと入って行くのだった。

 

■マッサン 24週 出演 キャスト
玉山鉄二,シャーロット・ケイト・フォックス,前田吟,西田尚美,早見あかり
■余市編 新キャスト
風間杜夫(森野熊虎),小池栄子(森野ハナ),堀井新太(森野一馬),優希美青(亀山エマ),酒井若菜(チエ),温水洋一(三郎),オール阪神(渡 芳利)

 

マッサン 24週140話【感想】

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top