あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

マッサン ネタバレ 139話 24週

NHK朝ドラマ「マッサン」ネタバレ 139話(第24週)

2015年3月16日(月)放送予定分

 マッサン あらすじ【139話】

軍需工場としての役目を終え、今後の経営
に不安を抱えていたマッサンだったが‥

熊虎の進言のお陰で、終戦後数ヶ月のうち
に進駐軍と取引を始めることで工場はなん
とか軌道に乗せる事が出来た。

 

一度はそのプライドから、戦争を起こした
敵国に酒は売れないと考え断った政春だが
社員たちの生活のため、背に腹は変えられ
ないという苦渋の決断だった。

 

そして時は流れ、昭和23年。

戦後3年が経ち、この頃になって工場の
経営はようやく安定し始めていました。

 

小樽の英文タイピスト養成学校で学んで
いたエマは、マッサンのつてをたどり
進駐軍の事務所で採用され、職員として
立派に働き始めていました。

 

「では、今日も行ってきます」
「はい、エマ。行って帰り」

 

生活もこの頃になってようやく落ち着いて
きていました。そして、マッサンもその頃
あるひとつの決断をしました。

時代の流れで、ウイスキーの販売価格の
自由化が認められたのです。

 


スポンサーリンク


 

マッサンが余市に工場を立て、様々な困難
や反発に遭いながらも、仕込んでいた原酒
が15年ほど熟成を進めていました。

 

マッサンが夢にまで見た、長期熟成のウイ
スキー。時代が徐々に安定文化も入り混じり
、ようやくウイスキーを販売できる土壌が
整っていたのです。

 

(そろそろ、このウイスキーを売ることが
できるようになった。ようやく、ようやく
ここまで来たんじゃ‥)

そしてある日マッサンは工員を集めます。

 

「ドウカウイスキーは、新たな一歩を踏み
出す。この工場で長期熟成ウイスキーを、
ドンドン作って安く販売しよう思う。

本格的なウイスキーを日本の一般の家庭で
も楽しんで貰うんじゃ。それで日本が活気
づけば思うとる」

 

社員たちもマッサンの意見に快く賛成して
くれたようだった。明るい兆しに社員も
喜び、みなその志にも賛同してくれる。

 

そんなある日、政春のもとに進がやって
来ました。
「進さん、今日はどうしたんですか」

 

「いや、今日はマッサンにお願いがあって
きたんだ。実はオラ、戦争で身寄りを無く
しちまった人が大勢知り合いにもいて‥

そろそろ定職を見つけて落ち着きたいと
相談を受けてるだ。そこで相談なんだが
マッサンの工場で雇ってもらえねえべか?

まだ苦しいのはオラもわかってっるが、
そこを何とかなんねえべか‥頼むとこは
ここしかねえんだ」

 

少し考えた政春だったが‥
「‥わかりました。ええでしょう」
それで土地の人の生活が少しでも明るく
なるのなら‥
自分出来ることを常々考えていたマッサン
は進の相談も快く受け入れる。

 

「うちゃ部屋にも余裕がありますけん、
住み込みいう形で、家のない人には働いて
もらいましょう」
「本当にいいのか!ありがとうマッサン」
マッサンは、戦争で身寄りをなくした人を、
工場で住み込みで働かせることにしました。

 

■マッサン 23週 出演 キャスト
玉山鉄二,シャーロット・ケイト・フォックス,前田吟,西田尚美,早見あかり
■余市編 新キャスト
風間杜夫(森野熊虎),小池栄子(森野ハナ),堀井新太(森野一馬),優希美青(亀山エマ),酒井若菜(チエ),温水洋一(三郎),オール阪神(渡 芳利)

 

マッサン 24週139話【感想】

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top