あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

マッサン ネタバレ 137話 23週

NHK朝ドラマ「マッサン」ネタバレ 137話(第23週)

2015年3月13日(金)放送予定分

 マッサン あらすじ【137話】

時は流れ、昭和20年10月。

終戦から2ヶ月が経過し、
復興は徐々に進んでいました。

「お父さん、お母さん、
私、やっぱり英語を使う仕事がしたい」

戦時中は封印されていた英語も、
終戦とともに認められるようになり、
エマはかねてより夢だった英文タイピスト
になるため、一歩を踏み出していました。

 

小樽のタイピスト養成専門学校に
通い始めたのです。

戦争が終わり、明るい面も見えてきた一方
で、マッサンは工場の経営に頭を悩ませて
いました。

 

(軍需工場としての仕事がなくなった分、
全く注文がのうなってしまった。しばらく
ウイスキーを買う余裕が有る家も少ないし
どうしたもんかのう…)

ウイスキーを作っても、売れる当てが全く
なくなってしまったのです。

 


スポンサーリンク


 

これまで軍需工場だったから成り立ってい
た分、戦争が終わることは工場にとっては
痛手でした。

 

マッサンが工場の今後で悩んでいた頃大阪
から商人がマッサンを訪ねてきました。

 

「あの、亀山社長ですか。わしは、大阪で
商いをやっとります。実は、ウイスキーの
原酒を売って頂けないかとお願いに上がり
ました」

「それはこちらとしても嬉しい話ですが、
大阪じゃあ、そげにウイスキーが売れと
るんですか」

 

「いや、ウイスキーと言うより、イミテー
ションウイスキーです。まあ、本格的な
ウイスキーではないですが、進駐軍さんの
需要もあって、人気なんですわ」

 

せっかくの申し出ですが、ウイスキーに
誇りを持つマッサンは、イミテーション
ウイスキーへの原酒の提供をきっぱりと
断ります。

 

そして、大阪では商機があるかもしれない
と、マッサンは大阪へ今後の事業について
の相談をしに行くことを決めます。

 

そして、大阪へ向かう日の朝。

「マッサン、進駐軍の方が来とるけど…」
マッサンのもとに、進駐軍が現れました。

 

■マッサン 23週 出演 キャスト
玉山鉄二,シャーロット・ケイト・フォックス,前田吟,西田尚美,早見あかり
■余市編 新キャスト
風間杜夫(森野熊虎),小池栄子(森野ハナ),堀井新太(森野一馬),優希美青(亀山エマ),酒井若菜(チエ),温水洋一(三郎),オール阪神(渡 芳利)

 

マッサン 23週137話【感想】

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top