あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

マッサン ネタバレ 136話 23週

NHK朝ドラマ「マッサン」ネタバレ 136話(第23週)

2015年3月12日(木)放送予定分

 マッサン あらすじ【136話】

戦死した一馬の「お帰りなさい会」が終わ
ってわずか数日後‥

昭和20年8月15日。
日本は終戦を迎えました。

 

「大事な放送があるらしいぞ。みんな、
ラジオの前に集まってくれ」

『朕深ク世界ノ大勢ト帝國ノ現状トニ鑑ミ…』

 

「どういうことじゃ。戦争は終わったん
か…」
あまりにあっけない、戦争の終わりでした。
「エリー、終わったんじゃ。戦争が終わったんじゃ、ようやく‥」

 

終戦を迎え、今までの苦労がたたったのか
エリーは倒れてしまいます。

「エリー!大丈夫か!」

 

これまでの数年の間、心無い言葉を投げつ
けられ、外出もできず、常に見張られて
いる生活は、エリーの心と体を蝕んでいました。

それでもエリーは、みんなの献身的な看護
のかいあってか、その後徐々に元気を取り戻しつつあった。

 


スポンサーリンク


 

一方その頃マッサンは既に工場の今後を
考えていました。

(軍需工場としての役目ももう終わりじゃ
こんな時代じゃ、家も食うものも無くし困
っとる人がようけいる。この工場は運良く
空襲も受けず無事じゃ。ここを使って他の
人を救える道は何かできんかの…)

 

工場の敷地を活かして何かできないか。
兎に角世の中の人の生活を安定させる事が
出来ないかマッサンは考えを巡らせていく

 

「そうじゃ!せっかくこの工場は広い。
みんなで畑を作って、まず食糧を作ろう。
そうすりゃ、飢えるヒトはいなくなる。
まず活きるにゃ、食じゃ!」

 

マッサンは、早速工場の面々に声をかけ
てみます。

「みんな。この工場の敷地を耕して畑を作
ろう思うんじゃ。そこに食べられるものを
たくさん作って、この辺りのみんなに配る
んじゃ」

 

「まだ夏じゃ。作物の生育も早いしええ
思うんじゃが、どうじゃろうか?」

「おぼっちゃま、それはいい考えじゃあ!
わしは、早速種や苗がないか、手配に行っ
てきます」

「ああ、頼んだぞ俊兄!」
「はい、まかせてくんさい!」

 

終戦を迎え、ようやくやるべき事を決めた
マッサン。畑仕事で働き始めた面々も、
少しずつではあったが、前を向くことが
出来るようになっていく。

 

そんな時だった。まっさんの元へ一通の
電報が届きました。それは実家広島のから
の手紙でした。

 

■マッサン 23週 出演 キャスト
玉山鉄二,シャーロット・ケイト・フォックス,前田吟,西田尚美,早見あかり
■余市編 新キャスト
風間杜夫(森野熊虎),小池栄子(森野ハナ),堀井新太(森野一馬),優希美青(亀山エマ),酒井若菜(チエ),温水洋一(三郎),オール阪神(渡 芳利)

 

マッサン 23週136話【感想】

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top