あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

マッサン ネタバレ 127話 22週

NHK朝ドラマ「マッサン」ネタバレ 127話(第22週)

2015年3月2日(月)放送予定分

 マッサン あらすじ【127話】

時は流れ、昭和18年。

一馬のもとに召集令状が届きました。
熊虎は、息子に赤紙が届いたにも関わらず

 

「いやあめでたいねえ。これで、ウチの
一馬もようやくお国のために働けるって
もんだ」

 

とどこか喜んだ様子です。一方、エマは
辛い気持ちでいっぱいでした

一馬のことを思っているエマは、死ぬかも
しれない、もう二度と会えないかもしれ
ないのに、笑顔で戦地に送り出せるわけはありません。

(一馬さん、戦争なんかに行って欲しくないわ…)

 


スポンサーリンク


 

エリーにも、エマのつらい気持ちは
痛いほど伝わりました。

「エマ、お母さんもエマの気持ち分かる。
でも、エマが祈っていれば、大丈夫。

 

一緒に、「オールド・ラング・サイン」を歌いましょう」

二人は、祈りを込めて英語で蛍の光を歌うのでした。

 

「エマ、お前が泣いてちゃ、一馬も辛い。
送り出すときは笑顔で送り出してやろう。
お国のために戦えるというのは、素晴らしいことじゃ」

 

そうマッサンはエマに告げます。
「どうしてそんなこと言うの…」
エマはとても笑顔になれそうにはありません。

 

つらそうなエマの様子をみて、マッサンも
エリーも、それ以上言葉を掛けることが
出来ませんでした。

 

一馬の出征の日まで、あと3日と迫りました。

(この家を出るまで、もう少しだ。心置き
なく去れるように、やるべきことをまとめ
ておかなくては…)

 

真面目な一馬は、出征までに後悔の無い
よう、短い日数の中でやれることを書き
出していました。

 

今までお世話になった人へのお礼、
部屋の片付け、持ち物の準備…
細々とした内容を書き連ねていきます。

 

そしてその最後の一行に、
一馬はそっと「遺書」と書き添えました。

 

(この戦局だ。きっと、生きては戻れない
確率のほうが、準備しておかなくては…)

 

■マッサン 22週 出演 キャスト
玉山鉄二,シャーロット・ケイト・フォックス,前田吟,西田尚美,早見あかり
■余市編 新キャスト
風間杜夫(森野熊虎),小池栄子(森野ハナ),堀井新太(森野一馬),優希美青(亀山エマ),酒井若菜(チエ),温水洋一(三郎),オール阪神(渡 芳利),オール巨人(澤田清太郎)

 

マッサン 22週127話【感想】

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top