あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

マッサン ネタバレ 126話 21週

NHK朝ドラマ「マッサン」ネタバレ 126話(第21週)

2015年2月28日(土)放送予定分

 マッサン あらすじ【126話】

エマと一馬の恋を認めないエリー。
それには、ある理由がありました。

 

「エリー。エリーの気持ちは十分わかる。
じゃがな、それは言わんと分からん思う。

ただダメと言うとるだけじゃ、エマには
何も伝わらん。しっかり、エマと向き合う
んじゃ」

 

マッサンに諭されエリーはエマと向き合い
、本心を打ち明けることを決めました。

「エマ、ちょっといい?」
「‥どうしたの、お母さん」

 

「どうしてお母さんがエマと一馬の恋を
反対しているのかわかる?今日はそれを
エマにきちんと話そうと思って‥」

エリーは、自分の悲しい過去を語り始めました。

 


スポンサーリンク


 

「実は、お母さんとお父さんが出会う前。
お母さんが、まだエマくらいの歳だった頃
にお母さん別の恋人と付き合ってた。

でも、その人は兵隊になって戦争に行く
事になった。すごく悲しいかった‥
心配で心配で‥結局、その恋人は戦地から
二度と帰って来ることはなかった」

 

「それを知った時、ほんとに悲しい‥
これからまだ、戦争はどんどんひどくなる
。もし、一馬が兵隊になったらどうする?

あんな辛い思い、エマにしてほしくない。
だから、一馬との結婚を私は反対した。
ごめんなさいエマ。今まで話せなくて‥」

 

「お母さん…」

エリーは、第一次世界大戦で恋人を亡くした
辛い悲しい過去があった。

そのためエマには同じ思いをさせないと
初めて知ったエマは、エリーの気持ちが
痛いほど分かった。

しかし、この話を聞いてもエマの気持ちは
変わりませんでした。

 

「お母さん、話してくれてありがとう。
でも、私はやっぱり一馬さんが好き。
この先どんなことがあっても、ずっと」

「エマ。そういうと思ったわ。だって
エマは私の子だから^^」

 

「お母さんも、エマのその気持はわかる。
エマがそれでも本気なら、お母さんはもう
反対しない。エマと一馬の事を応援する。
招集されないことを祈りましょう」

 

エマの気持ちが固いのを知ったエリーは
二人の恋をついに認めるのだった。

周りみんなに祝福され、エマと一馬は
幸せに包まれていました。

しかし‥

残念ながらその幸せも長くは続かなかった
。結婚からしばらくして一馬宛に一通の
手紙が‥

 

それは恐れていた”赤紙”一馬の召集令状だった。
呆然とする、一馬とエマ。

エリーが一番恐れていた事態が遂に現実の
ものとなって、2人を襲うのだった。

 

■マッサン 21週 出演 キャスト
玉山鉄二,シャーロット・ケイト・フォックス,前田吟,西田尚美,早見あかり
■余市編 新キャスト
風間杜夫(森野熊虎),小池栄子(森野ハナ),堀井新太(森野一馬),優希美青(亀山エマ),酒井若菜(チエ),温水洋一(三郎),オール阪神(渡 芳利),オール巨人(澤田清太郎)

 

マッサン 21週126話【感想】

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top