あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

マッサン ネタバレ 115話 20週

NHK朝ドラマ「マッサン」ネタバレ 115話(第20週)

2015年2月16日(月)放送予定分

 マッサン あらすじ【115話】

マッサンは、ウイスキーの業績不振から、
経営者として苦渋の選択を迫られていた。

そんな時、工場に現れた海軍士官が、突然
在庫分まで含めて全てのウイスキーを
買い取ってくれることになりました。

時は昭和17になり、米英と開戦してから
半年が経っていました。

マッサンの作ったドウカウイスキーは、
海軍の指定工場となり、物資が不足して
いる時勢でも材料を優先して供給されて
いました。

「しかしのう…量ばかり求められて、味は
わしが目指すものからは程遠い。

こんなもんを飲ませるなんて、海軍は一体
何を考えとるんじゃ」

 


スポンサーリンク


 

「こんなご時世で、景気のいい仕事がある
だけいいじゃないですか社長。黙って、
海軍の言うとおりにしましょうよ」

「でもな、これはほとんどウイスキーは
言えん代物じゃ。ただのアルコールじゃ」

 

マッサンは、ウイスキーの質は無視して
ひたすらに量をもとめる海軍にいらだち
を感じていました。

 

その頃、戦時中とあって異国人のエリーは
敵視されていました。

「敵国人!帰れ!」

「オゥ…なにするの!」

 

近所の子供は、エリーを敵国人、敵国から
のスパイだと思い込み、あろうことか
エリーに石を投げつけます。

実は同じ思いを、エマもしていました。

 

「お前の母さん、敵国人なんじゃろ。
敵国人の子は、わしらの敵じゃ。家に帰れ!」

エリーのことを持ちだして、エマも敵国人
の子といじめられていたのです。

 

しかし、小さいころのように、おとなしく
泣いてるだけのエマではありませんでした
(思ったことは、素直に相手に伝えなさいって、いつもお母さんは言っていたわ)

 

母のエリーに教わった強い気持ちでエマは
いじめっこたちに怯まず毅然と立ち向かう

「あなたたち、わたしのお母さんは敵国人
じゃないわ。眼の色と髪の色は違うけど、
私たちと同じ、日本人よ!」

 

いじめっこもエマのあまりの迫力に
たじろぐのだった。

 

■マッサン 20週 出演 キャスト
玉山鉄二,シャーロット・ケイト・フォックス,前田吟,西田尚美,早見あかり
■余市編 新キャスト
風間杜夫(森野熊虎),小池栄子(森野ハナ),堀井新太(森野一馬),優希美青(亀山エマ),酒井若菜(チエ),温水洋一(三郎),オール阪神(渡 芳利),オール巨人(澤田清太郎)

 

マッサン 20週115話【感想】

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top