あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

マッサン ネタバレ 19週 109話

NHK朝ドラマ「マッサン」ネタバレ 109話(第19週)

2015年2月9日(月)放送予定分

 マッサン あらすじ【109話】

若くして亡くなった英一郎の思いを継ぎ、
当初の事業計画を無視してウイスキー
づくりを始めたマッサンとエリー。

時は流れ、昭和15年の秋を迎えていました。

 

いつの間にか、マッサンとエリーが大阪を
発ち、余市に移り住んで事業を起こして
丸8年もの歳月が流れていました。

マッサンは髭をはやして貫禄があり、
小学生だったエマは、女学生へと成長して
いました。

 

「ようやく、一からこの余市で作って、
5年以上熟成させたウイスキーが出来た」

「マッサン…ここまで、よく頑張った」

樽を眺めて感無量で語り合う2人。

 

余市に作ったウイスキー工場で初めて仕込
んだ原酒が、仕込んでから6年がたち、
鴨居商店では利益追求のために諦めざる
を得なかった本格的なウイスキーがすぐ
そこまで出来上がっていたのです。

 


スポンサーリンク


 

「よし。今のままで熟成は十分じゃあ。
いよいよブレンドに着手するぞ」

長年の悲願であるウイスキーの完成を
間近に控え喜びを抑えきれないマッサン。

 

樽の中の原酒を使ってブレンドし、
試行錯誤のすえ、ついに納得の行く理想の
ウイスキーにたどり着きました。

「これじゃ…わしが求めとったのは…。
このスモーキーフレーバーじゃ^^
コレこそ、わしが目指したかった本場にも
負けん理想のウイスキーじゃ…」

 

ここまでの、長い道のりを思い出したのか
ようやく夢を叶えようとするマッサンの
目には涙が浮かんでいました。

 

しかし…

順調に進んでいたかのように見える
ウイスキー事業でしたが、マッサンは
実は悩んでいた。

納得行くウイスキーは出来たものの、
依然、鴨居商店でウイスキーを販売して
全く相手にされなかった、営業の時の苦い
記憶が、マッサンの頭に蘇ったのだ。

 

しかも今度はあの時とは違う。自分は
社員の雇用と生活を守る義務のある、
社長という立場。

あの時の鴨居の言葉がようやく身にしみて
わかる時が来たのだ。
(あん時の大将は、こんな思いだったんじゃろうか…)

 

鴨居の大将と同じ立場にいるマッサン。
売れるものを作らなければ社員の生活は
守れない…
(ほんまに、このウイスキーで売れるんじゃろうか)

 

理想と現実との間で揺れるマッサン。
自分の今まで追い求めていた味が本当に
日本人に受け入れられるのか?

マッサンは自分の追い求めたウイスキーの
味にすら自信が持てなくなっていました。

 

■マッサン 19週 出演 キャスト
玉山鉄二,シャーロット・ケイト・フォックス,前田吟,西田尚美,早見あかり
■余市編 新キャスト
風間杜夫(森野熊虎),小池栄子(森野ハナ),堀井新太(森野一馬),優希美青(亀山エマ),酒井若菜(チエ),温水洋一(三郎),オール阪神(渡 芳利),オール巨人(澤田清太郎)

 

マッサン 19週109話【感想】

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top