あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

マッサン」ネタバレ 17週 102話

NHK朝ドラマ「マッサン」ネタバレ 102話(第17週)

2015年1月31日(土)放送予定分

 マッサン あらすじ【102話】

出生の秘密を聞かされ、
熱を出して寝込んでしまったエマ。

ある日、エマのお見舞いに
タケシがやって来ました。

「タケシ。お見舞いに来てくれたの。
ありがとう。どうぞ、入って」

エリーはタケシをエマの元へ案内します。

「エマ…この間はすまん。

あんな非道いことを言って、わしが
殴られたのもしょうがないと思う。

本当にごめんな。
元気になったら、また遊ぼう」

「どうしてあんな事言ったの?」

タケシがエマをからかったのには、
タケシなりの、悲しい理由があったのです。

 


スポンサーリンク

 


 

「実は…わしのお母ちゃんは、もう
死んださ‥エマは、お母さんと
すごく仲がいいから、羨ましくて‥

わしもお母ちゃんに会いたい。

そう思って、あんな非道いことを
言ってしまったさ…」

母を亡くしているタケシは、エリーに
愛されているエマを嫉妬していたのです。

「タケシ、もういいよ。分かったから。
私のお父さんとお母さんは、本当の
お父さんとお母さんじゃないけど、

タケシのお陰で、私がすごく大事に
してもらってること、分かったんだ」

本心を打ち明けたエマとタケシは、
その日から仲直りをしました。

そしてタケシの言葉で、エマはようやく
元気が出ました。

(本当のお父さんとお母さんじゃなく
ても、私にとってはたった一人の
お父さんと、お母さんなんだ。)

 

その想いをエマは参観日までに、
作文にして両親に伝えようと、自分の
心にきめた。

熱が下がった後、エマは一生懸命
作文を仕上げました。

 

そして参観日の当日。

エリーや、同級生の両親に見つめられる中
でエマは堂々と自分の作文を発表します。

そのタイトルは、「わたしの家族」。

一瞬ドキッとするエリーだったが、エマが
書いたその作文に、エリーは思わず涙ぐむ
のでした。

一方で、その頃りんごジュースの販路開拓
に奔走していたマッサン。

ある日、一馬と話している中で起死回生の
名案を思いつきます。

「一馬、今なんて言った?それや!」

りんごジュース事業の未来に、明るい
兆しが見えてきました。

マッサンは一体何を思いついたのか?

 

■マッサン 17週 出演 キャスト
玉山鉄二,シャーロット・ケイト・フォックス,前田吟,西田尚美,早見あかり
■余市編 新キャスト
風間杜夫(森野熊虎),小池栄子(森野ハナ),堀井新太(森野一馬),優希美青(亀山エマ),酒井若菜(チエ),温水洋一(三郎),オール阪神(渡 芳利),オール巨人(澤田清太郎)

 

マッサン 17週102話【感想】

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top