あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

マッサン ネタバレ 13週 73話

NHK朝ドラマ「マッサン」ネタバレ 73話(第13週)

2014年12月22日(月)放送予定分

 マッサン あらすじ【73話】

時は流れ、昭和3年。

ウイスキーを造る山崎工場が完成して、
4年の月日が流れていました。

マッサンとエリーのもとへやって来た
エマも、4歳。元気いっぱいに日々を
過ごしています。

「英一郎!久しぶりじゃのう^^ 元気じゃったか!」

 

「はい。ヨーロッパで、最新のウイスキー
技術をしっかりと学んできました^^
これで僕ももっと会社の役に立ちますよ」

 

英一郎は、ヨーロッパにウイスキーを作る
ための技術留学に行っていたのです。

ノウハウも徐々にたまり、英一郎の知見も
加わって、ウイスキーづくりは順調に
進んでいました。


スポンサーリンク


 

その頃のエリーは、大奮闘していました。

「エマ!何度行ったら分かる!」

「知らない!」

マッサンとエリーが愛情を込めて育てた
エマだったが、とんでもない頑固ものの
娘に成長していました。

いくらエリーが叱っても、どこ吹く風で
知らん顔です。

子育てって、どうしてこんなにうまく
いかない・・エマは、全然話を聞いて
くれないし・・)

エリーは初めての子育てに、悩む毎日を
送っていました。

その頃、鴨居商店の社長にも、大きな
悩みがありました。

 

一時は時代の人、飛ぶ鳥を落とす勢いと
言われていた鴨居商店でしたが、創業以来
初めての赤字続きの経営難に陥ってにっち
さっちも行かなくなっていた。

鴨居は、赤字を補填するために、ピンチは
チャンスとばかりに新規事業を行うことに
しました。

 

ある日、突然集めらた社員たちに
鴨居はこう告げる。

「鴨居商店は、新しい事業に挑戦する」

「ええええーーー!新規事業?何でこんな赤字続きの時にそんな・・」

「このまま同じことだけやってても一緒。
ウィスキーができるまでまだ時間がいる。
それに柱は大いに越したことも無い。

こんな時やからこそそこまで踏ん張れる
新しい事業をするしか無いんや。実はもう
横浜のビール工場を買い取った」

「えええ、ほんまですか?大将、焦りすぎ
ちゃいますか?」

心配になる社員達だったが・・それでも
鴨居はこう続けた。

「今までと同じもの作ってもおもろない!
そこではな、わてらにしかできんビールを
造るんや!」

「・・・」

鴨居の勢いに圧倒されるばかりの、
マッサン他社員たちだった。

■マッサン 13週 出演 キャスト
玉山鉄二,シャーロット・ケイト・フォックス,泉ピン子,前田吟,西田尚美,早見あかり,堤真一,相武紗季,高橋元太郎,西川きよし,夏樹陽子,白井晃,江口のりこ,濱田マリ,及川いぞう

※当ブログは放送前に公開された「マッサン」のストーリーをもとに、台詞あらすじを予想・編集公開しております。本編放送後に、マッサンの「画バレ・感想」も追加し可能な限り再編集を行っております。相違がある事をご了承の上お楽しみください^^


スポンサーリンク

マッサン 13週73話【感想】

【感想】

いよいよ、今年最後の週の放送ですね。

もう物語の折り返し地点です。

史実通りなら、横浜のビール工場には
マッサンが赴任することになるので、
大きく物語が動きそうですね。

先週は小さかったエマちゃんが、
すっかりわがまま娘に育っていたのには
さすがに驚きました・・

マッサンへの愛や、コレまでの辛抱強さを
見ればエリーはきっと、いいお母さんに
なれそうだな~と思うのですが、

やっぱり日本は、エリーにとって異国の地
初の子どもということあって、目には
見えない苦労も多かったんじゃないかな~

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top