あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

マッサン ネタバレ 72話(12週)

NHK朝ドラマ「マッサン」ネタバレ 72話(第12週)

2014年12月20日(土)放送予定分

 マッサン あらすじ【72話】

エリーに背中を押されて、
鴨居は英一郎を呼び出しました。

「あのな、ずっとお前に言ってなかった
ことがある。母さんとの約束や。

サキは、わしの夢がかなったら元気に
なれる、そう言ってたんや。

わしはその言葉を信じて、仕事を優先
してた。サキに元気になって欲しかった
から。

でも、太陽ワインの完成前にサキは
逝ってしまった…

だからせめて、山崎工場のお披露目は
サキの命日にやりたかったんや。だから
日程変更を認めん、と言うたんや」

それを聞いて、涙ぐむ英一郎。

 


スポンサーリンク


 

「どうして…どうして今まで言ってくれなかったんですか」

「英一郎、すまんかった…」

そして、鴨居は涙ぐむ英一郎を
抱きしめました。

 

長年の確執を経て、鴨居と英一郎は
ようやく和解したのです。

(ほら、ちゃんと話してよかった。
大将、英一郎、よかったね)

その姿を見届けて、エリーは家に
帰りました。すると、マッサンが驚くこと
を言い出します。

 

「エリー。考えてたんじゃ。わし等に子供
は無理でも、養子を迎えんか」

「養子…どうして?」

突然の話に、エリーは動揺を隠せません。

数日後、工場のお披露目会が予定通り
開かれました。

 

「英一郎。今日の来賓への挨拶、お前がやれ」

鴨居は、重要な仕事を英一郎に任せます。

そして、英一郎はその期待に見事に
応えるのでした。

「英一郎よくやった。立派な挨拶やったで」

成長する息子と、それを褒める父の姿
を見て、エリーの心に次第にある感情が
芽生えていました。

 

それは「母になりたい」という
気持ちです。

「マッサン。私、お母さんになりたい。
養子、迎えよう。2人の子どもとして、
いっぱい愛そう」

数日後、キャサリンの紹介で
亀山家には養子がやって来ました。

 

来たのは、可愛い女の子。

2人は、エリーとマッサンの名前を
一文字ずつとって、

「エマ」と名づけました。

■マッサン 12週 出演 キャスト
玉山鉄二,シャーロット・ケイト・フォックス,泉ピン子,前田吟,西田尚美,早見あかり,堤真一,相武紗季,高橋元太郎,西川きよし,夏樹陽子,白井晃,江口のりこ,濱田マリ,及川いぞう

※当ブログは放送前に公開された「マッサン」のストーリーをもとに、台詞あらすじを予想・編集公開しております。本編放送後に、マッサンの「画バレ・感想」も追加し可能な限り再編集を行っております。相違がある事をご了承の上お楽しみください^^


スポンサーリンク

マッサン 12週72話【感想】

放送後に追加します。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top