あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

マッサン ネタバレ 11週64話

NHK朝ドラ「マッサン」ネタバレ 第11週64話

2014年12月11日(木)放送予定分

 マッサン あらすじ【64話】

2人の子供はきっと苦労する、
いじめられることもあるとハッキリ言った
英一郎。しかし、エリーは怒ること無く
言います。

「英一郎が言っていること、正しい。
私とマッサンも、子供のことは心配。
でも、英一郎は偉いよ。

 

そんなに思っていることをしっかり言える
日本人、いない。ちゃんと言える英一郎は
偉い^^」

英一郎は、エリーの言葉に驚きました。

「エリーとマッサンの子供なら大丈夫や。
私らも、自分の子供と思って育てるわ」

「せや、かわいいやろうなあ」

 


スポンサーリンク


 

さらに、その場にいる人がみんな
エリーとマッサンの子供を祝福している
のが、英一郎には痛いほど分かった。

すると、英一郎は感動のあまり
泣きだしてしまいます。

「どうしたの英一郎、なんで泣くの?
ダイジョウブ・・」

 

エリーは、そんな英一郎の肩を
優しく抱くのでした。

このことがきっかけで、英一郎は
次第にエリーに心を開くようになります。

翌日、英一郎は遂にエリーに父との確執を
初めて打ち明ける。

子供の頃、母が病気で入院している時に
全く見向きもせず仕事ばかりしていた鴨居
に、英一郎は子供ながら憤りを感じていた。

 

「父は、入院していた母のことを放って
おいて、仕事ばかりしていました。
母はいつも寂しそうで…仕事しか考えてない
、あの人を僕は恨んでいます」

そこに、帰ってきたマッサン。
英一郎の生い立ちをマッサンも初めて
聞くことになった。すると突然・・

「英一郎、ゆりかご作るから手伝ってくれ」

突然マッサンは、そんな英一郎にゆりかご
づくりを手伝わせる。

 

「別に大将が嫌いでもええんじゃぞ。
嫌いなら、もっと嫌いになってもええ。
ほいで、自分が大きゅうなって、オヤジを
超えたらええんじゃ」

「…あの人を超えるなんて、無理ですよ」

自分に自信が持てない英一郎だった。
それでもマッサンは自分なりの言葉で
英一郎にエールを贈る。

「大丈夫じゃ。自分のことを信じるんじゃ
英一郎。お前ことを一番に考えてくれる人
が絶対におる」
「俺も一人じゃ何もできん。でもな・・
エリーだけは俺をいつでも信じてくれる。
だからこうしてエリーのためにと、自分の
夢を諦めずに頑張れるんじゃ」
その言葉で英一郎の中の何かが変わった。
マッサンの印象も英一郎の中で共に大きく
変わリはじめていた。

■マッサン 11週 出演 キャスト
玉山鉄二,シャーロット・ケイト・フォックス,泉ピン子,前田吟,西田尚美,早見あかり,堤真一,相武紗季,高橋元太郎,西川きよし,夏樹陽子,白井晃,江口のりこ,濱田マリ,及川いぞう

※当ブログは放送前に公開された「マッサン」のストーリーをもとに、台詞あらすじを予想・編集公開しております。本編放送後に、マッサンの「画バレ・感想」も追加し可能な限り再編集を行っております。相違がある事をご了承の上お楽しみください^^


スポンサーリンク

マッサン 10週64話【感想】

放送後に追加します。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top