あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

マッサン ネタバレ 7週 あらすじ

NHK朝ドラ「マッサン」ネタバレ第7週

2014年11月10日(月)~放送予定分

マッサン あらすじ 7週(37,38,39,40,41,42話)

家賃未払のまま3ヶ月が経ち、大家への直談判を迫られたマッサンとエリー。大家の野々村の家には、二人の娘がいました。

「なんとか、家賃の支払いを待っても下さい」

2014-10-13_142617

その横で喧嘩をはじめた姉妹を見て、エリーは何事もなかったのように上手になだめその場を収める。その様子を静かに見ていた大家が口を開く。

 

「せやなあ・・・ほなこうしよか?あんたが、ウチの娘らに英語を教えてくれたら待ったてもええけど、どうえ?」

エリーの子供の扱いを見ていた大家は、何故か交換条件を出してきた。断られる覚悟だったエリーは驚くが・・

「私が・・この子に英語教たら、本当に待ってくれる?分かった、OK、私ヤリマス!」

 

なんとか話がまとまりホッとする2人。その後顔をほころばせて、こひのぼりに向かいます。そこでキャサリンから野々村毛の家庭の事情を知らされるエリー。

「あの家はな、奥さんが3年前に亡くなっててな、子供が懐いてた女中さんを後妻にしとるんよ」

 

幼い妹のナツは、すぐに後妻の由紀子に懐いたが、姉の幸子はなかなか心を開けず未だ由紀子を『お母さん』と呼ぶことができないでいた。

「なんとか、お母さんと呼んでもらいたいんやけどなぁ・・」

 

次第に真剣な表情でエリに相談するようになっていた。しかしエリーからその話を聞いたまっさんは顔色を変える。

2014-10-13_142737

「だめじゃ、エリー。日本には「触らぬ神に祟りなし」という言葉がある。なんでも関わっっとったら、こちらがトバッチリをくうっていうことじゃ」

エリーはそうマッサンにたしなめられます。しかし家庭教師の日、亡き母を思い出して悲しそうな幸子を見てもう黙ってはいられません。

 

由紀子から話を聞くと、2人の娘のことは心から愛している様子が伝わってきます。更には、このまま子供が懐かないようなら野々村からは『離縁も考えている』と言われているようなのです。

エリーは、名案を思いつく。次のレッスンをなんとエリーの自宅で行うことを計画した。そこで、今度は幸子に自分の境遇を話し、やがて2人は打ち解けていきます。

 

その頃鴨居欣次郎は、ウイスキー製造技師をスコットランドから招くことを計画していた。それを聞きつけたエリーは、そのことをマッサンに伝える。

「働かせてもらえるよう、鴨居の大将に相談したらいいんじゃない?」

 

「ワシャ・・・自分の力でウィスキーを作りたいんじゃ!」

頑としてとエリーの話を聞き入れませんでした。険悪な雰囲気になったその時、幸子が泣きながら訪れる。

2014-10-13_144056

「どうしたの?幸子ちゃん・・」

「お父さんお母さんが・・」

野々村と由紀子の離縁を知らされたというのだった。

「幸子ちゃん・・ここでパーティしましょう!」

 

エリーは亀山家で、家族みんなで由紀子の誕生日パーティをしようと言い出した。エリーのお陰で幸子は、その場で初めて由紀子のことを素直に「お母さん」と呼ぶ。

「今なんて・・」

 

幸子を抱きよせ涙する由紀子。その姿を見ていた野々村も、喜び娘を抱きしめます。ようやく野々村家がひとつになった瞬間だった。

そんなある日、マッサンの実家から『父が危篤』の知らせが届くのだった。

■マッサン 7週 出演 キャスト
玉山鉄二,シャーロット・ケイト・フォックス,泉ピン子,前田吟,西田尚美,早見あかり,堤真一,相武紗季,高橋元太郎,西川きよし,夏樹陽子,白井晃,江口のりこ,濱田マリ,及川いぞう

※当ブログは放送前に公開された「マッサン」のストーリーをもとに、台詞あらすじを予想・編集公開しております。本編放送後に、マッサンの「画バレ・感想」も追加し可能な限り再編集を行っております。相違がある事をご了承の上お楽しみください^^

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top