あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレ あらすじ 26週 152話

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第26週152話
2014年9月23日(火)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ 26週 152話

吉平の葬儀も無事終わり、花子、かよ、ももたちは東京へ帰ってきました。復興に向けて色々と片付けを進めつつ、新たな気持ちで生活を始めます。

 

一時は落ち込んでいかよも、ヤル気を取り戻し小さな店を再開していました。

闇市の中ではありましたが、活気ある闇市の中でまた店を再開できるのがかよは嬉しくてたまりません。

かよが食材の準備で慌ただしくしていると、外がにわかに騒がしくなります。

「お前ら!おとなしく捕まれ!」

見ると、まだ幼い子供を警官が追いかけています。当時、食べ物に困った戦災孤児が盗みなどを働くのを、警官が取り締まることが多くありました。

 

まさにその子たちも、戦災孤児だったのです。

「おねえやん!子供が追われてる!」

「あなたたち、こっちへ」

逃げる2人を、とっさにかくまうかよと花子。

 

「あなたたち、名前はなんというの」

「幸子と育子。」

「お父さんとお母さんは」

「…いない。死んでしまった」

「そう…」

 

2人は、しきりに空いたお腹をさすって辛そうにしています。ずっと、まともなものを口にできていないのです。

「あんたたち、これ、どうぞ」

見るに見かねて、かよは2人におにぎりを与えます。

「おばさん、ありがとう!」

 

おにぎりを食べる二人を見て、花子もかよもホッとしました。その数日後。花子と英治は庭先で畑仕事に勤しんでいました。

「おねえやん!」

そこに駆け込んできたのは、もも。

「もも、どうしたの」

「大変なの!かよねえやんが、戦災孤児を2人引き取るって!」

「てっ!…まさか。あの時の2人かしら」

 

花子は、慌ててかよの店へと駆けつけます。やはり、かよの店に居たのはあの時かくまった二人の少女、幸子と育子でした。

「かよ、この2人を引き取るって本気なの。なんでいきなりそんなことを言い出したのよ?」

「自分が生きていくのも精一杯の中で、子供を二人も育てるなんて生半可なことではないのよ」

花子は、それでも2人を育てると言いはるかよの気持ちを確かめるのだった。

■花子とアン 25週 出演 キャスト
吉高由里子,仲間由紀恵,窪田正孝,黒木華,鈴木亮平,高梨臨,藤本隆宏,中島歩ほか

※当ブログは放送前に公開された「花子とアン」のストーリーをもとに、予想あらすじを編集公開しております。本編放送後に、花子とアンの「画バレ・感想」も追加し可能な限り再編集を行っております。相違がある事をご了承の上お楽しみください^^

花子とアン,ネタバレ 26週 152話 画バレ

放送後に追加します。

花子とアン 152話 感想

放送後に追加します。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top